2012/09/06

【ドイツ旅行記】Ministry LIVE@Back stage werk Munich 06.08.2012

DSCN2028.jpg
ザルツブルグからミュンヘンに戻り、今回ドイツに早く入った目的でもあり、ミュンヘン入りした最大のメインでもあるのがMinistryのライブを見る事でした。しかも、この会場のBack stage werk Munichは前回、Ministryのライブを見た2008年の時と同じ会場…あの時は、Ministry解散のラストツアーの時でしたが、あれから4年…復活してのツアーで、再び同じ会場と言う事で、非常にシチュエーションが素晴らしく熱いものがありました。この会場はミュンヘンでは非常に有名な箱であり、多くのバンドがこの会場でライブを行っておりますね。非常にアクセスも良く会場の雰囲気もよく素晴らしい会場です。

DSCN2027.jpgDSCN2029.jpg
こういった感じでMinistryのライブ告知ポスターがあるとよりテンションがあがります。それにしても、今回の遠征で、KMFDMとMINISTRYの2つのバンドを1回の遠征でダブルで観れるなんて本当に夢の様でしたし、まさにドイツならでは!と言った感じでした。なかなか、同じ時期にヨーロッパツアーを行っていても、開催の街や国がずれていたり、ライブの日程が合わずと言うのが、ほとんどではあるんですが(笑)今回は本当にタイミング良くあってくれた感じです。それに、もう個人的にドイツでライブを観に行くのは、慣れている事もありますので、非常に行きやすいです。しかし、この日は8月だと言うのに、夕方から結構な雨が降っていまして(笑)まぁヨーロッパらしいと言えばヨーロッパらしいですけど(笑)
DSCN2030.jpgDSCN2031.jpg
このBack stage werk Munichは敷地内に会場が3つあります。一番メインの今回MINISTRYがライブを行ったWerkは東京で例えるなら、恵比寿リキッドルームくらいの規模で客席がもうちょっと広い感じでしょうかね。他に2つありまして、完全にテクノ系のクラブの箱とクアトロくらいの箱とあります。ここはかなり敷地が広くて夏場は完全にビアガーデンと化していますね。サッカーの試合などでパブリックビューイングなどでも使われたりもしております。非常に素晴らしい会場です。入場して中に入ると、今回のMINISTRYのツアーグッズが大量に売ってました。こんな光景は日本ではまず観れないので(笑)かなりテンションがあがり、Tシャツ筆頭にグッズを結構購入してしまいました(笑)

スポンサーサイト