2011/11/20

【ベルギー旅行記】Sinner's Day Festivalに向けケルンからベルギー・ハッセルトへ

DSCN1727.jpg
この日は今回のヨーロッパ遠征最終日であり、今回のKMFDMのツアーでライブを自分が観れる最後のライブとなる日でした。この日はKMFDMはベルギーのハッセルトで開催のSinner's Day Festivalに出演でした。ベルギーと言ってもドイツ国境にも遠くない街での開催ですし、交通のアクセスも悪くない場所でしたのでケルンから日帰りで行きました。これがベルギーと言ってもアントワープやブルージュやゲントなどだったら行くのは面倒でしたけど(笑)ハッセルトであればリエージュから列車で1時間程度ですからね。リエージュまではケルンからもICEで1時間ですからね、ケルン⇒アーヘン⇒リエージュって言う感じです。早めに行っておきたかったのでケルンを朝7時42分のICEで出発しました。この列車はブリュッセル行きですね。この朝7時42分を逃してしまうと遅くなってしまうので朝早かったですが乗っていきました。ちなみにこの日、10月30日はサマータイムが終わった日だったので、朝起きたら1時間時間が戻ってましたね(笑)日本じゃこういった経験は出来ないので、面白かったです(笑)

DSCN1726.jpg
ケルンからベルギーのリエージュまで列車で行き下車。そのままリエージュ駅の窓口でハッセルトまでの往復切符を購入しました。このリエージュ駅は非常に綺麗な感じでベルリン中央駅みたいなくらいに綺麗な作りの近代的な駅でしたね。この街は東ベルギーの玄関的な感じの街でしょうか。時間に余裕があったら観光もしたかったですがね。リエージュと言えばサッカーチームのスタンダール・リエージュ・Royal Standard de Liègeでしょうかね。このクラブは歴史もありますし、ベルギーリーグでも古豪ですからね。この街は主な言語はフランス語みたいですね。
DSCN1729.jpg
リエージュからSinner's Day Festivalの行われるハッセルトまではローカル列車で1時間程度ですが、列車の本数が1時間に1本とかしかないので1本乗り遅れると1時間待たないといけないので、結構慌てましたが、日曜と言う事もあり人はほとんどいませんでしたね(笑)この時間の列車でも既にゴシックな男女が電車に乗っていたので、おそらくSinner's Day Festivalに行くのだろうと一安心しました(笑)ケルンからトータルで2時間ちょいって言う感じでしょうかね。
DSCN1728.jpg
ハッセルトまでの列車はほとんど人が乗っていなかったですし、途中凄い田舎街を列車が走ってましたが(笑)しかもリエージュはフランス語ですが、ハッセルトはオランダ語と言う事で(笑)ベルギーはフランス語とオランダ語が公用語ですが、列車で1時間乗ったらオランダ語に変わるって言うのも変な感じでしたね。しかもリエージュと言うのもフランス語みたいでハッセルトに着くとオランダ語表記になるとリエージュがリュイク?みたいな感じに変わっていました(笑)昔、スイスのバーゼルに行った時なんかもフランス語とドイツ語が絡み合って飛び交っていたのは面白い感じでしたけどね。
DSCN1730.jpg
ハッセルト駅に到着して、Sinner's Dayの開催会場のEthias Arenaへどうやって行こうかと思いましたが、思っていたよりも大規模なフェスじゃないみたいで、駅の前に会場までの送迎バスは出ていなく(笑)普通の民間のバスで移動するみたいで(笑)そのバスもどのバスに乗れば良いのか分からなかったですし、余りにも知識のない街でしたから、面倒になり駅前からタクシーに乗りSinner's Dayの会場のEthias Arenaまで行きました。街はまぁ特にこれと言った感じはなかったですけど、ハッセルトなんてこのSinner's DayにKMFDMが出演しなければ、まず行く事ない街だったと思います(笑)まぁそう考えるとKMFDMのおかげで初めて行ける街も増えてきましたね(笑)確かハッセルトって夏にフェスティバルで台風っていうかハリケーンでステージが崩れて死人も出て開催が中止になった所でしたかね。プッケルポップフェスティバルだと思いますが。そういう事もあり、このハッセルトはフェスティバルを積極的に開催してる街って言う感じしますね。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント