2011/11/17

【ドイツ旅行記】 大津ベンチ入り!!ブンデスリーガ観戦!1 Bundesliga【Borussia Mgladbach vs Hannover 96】

DSCN1692.jpg
グラードバッハとハノーファーの選手がグランドに現れ練習を開始しましたが、このBorussia VfL 1900 Mönchengladbachには今季から柏レイソルから大津が加入しています。なかなか出番が少ないのですがベンチ入りはしていますし、非常に良い経験を積んでいると思います。このクラブは京セラがついている事もありますが、非常にサポーターに親日が多く行きの電車やスタジアム内でも自分が日本人だと分かると色々と話しかけられました(笑)大津以外の日本人選手の事を凄く詳しく知っていましたし、浦和レッズの事も知っていましたね(笑)宇佐美の事とかも話してきましたし(笑)スタジアム中で日の丸の大きなワッペンを背中に貼ってるグラードバッハのサポーターとかもいましたからね(笑)これも、ここ数年の日本人選手の活躍の影響かも知れませんね。ちなみに大津は、この後、オリンピック代表の日本代表として選出されましたね。

DSCN1693.jpgDSCN1697.jpg
練習中の大津がいました。特別、自分は大津のファンでも柏レイソルのファンでもありませんが、海外で日本人選手が頑張っている姿は前日の乾に続き、嬉しくなりますね。これが長谷部や細貝なんかだったら相当テンションあがりますけど(笑)ちなみに現在、ドイツで日本人選手が在籍しているクラブは、香川のドルトムント、宇佐美のバイヤン、内田のシャルケ、長谷部のヴォルフスブルグ、岡崎のシュツットガルト、細貝のアウグスブルグ、矢野のフライブルグ、そしてこの大津のグラードバッハですね。乾のボーフムは2部ですが。女子だと永里がポツダム、熊谷がフランクフルト、そして同じNRW州のデュイスブルグに安藤が在籍していますね。この冬の移籍か来季にも、また新たな日本人選手獲得があるかも知れませんね。噂だとニュルンベルグが清武とかの噂が浮上していますがね。全チームに1人は日本人選手が在籍してるなんて言う時代もくるかも知れませんね。個人的には誰かヘルタベルリンへ移籍してもらいたいんですけどね(笑)
DSCN1700.jpg
試合前のゴール裏のサポーターは強烈なものがありましたね(笑)ただチームカラーが緑って言う事もあったりするので、余り色での強烈さはありませんが動員と声は凄いです(笑)まぁサポーターの熱さは浦和レッズも十分に負けていませんけどね。浦和の方が凄いんじゃないかと思いますけど。さすがにドルトムントやシャルケの熱さには恐れ入りますけど(笑)でも本当にスタジアム全体がグラードバッハをサポートしてる感じで素晴らしい光景でしたね、本当にこの国の人もサッカーが大好きです(笑)大津も。このクラブで活躍して良いパフォーマンスを見せれば、サポーターからもかなり愛されると思いますね。
DSCN1702.jpg
正直、この2チームの先週は詳しく分かりません(笑)そこまでの有名選手や代表選手って言うのがいないので(笑)ただ順位はお互いに上位なのでこの節の時で確か5位と7位の対決とかだったと思います。メンヘングラッドバッハは基本的にドイツ人選手が中心となっているチームでそこにちょっと他のヨーロッパ人選手がいる感じですね。余り南米やアフリカの選手って言うのはいません。この試合も2トップはハンケとロイスのドイツ人FWの2トップで中盤にはベネズエラ人のアランゴとノルウェー人のノルトヴァイト。ヘアマンとノイステッターのドイツ人選手ですね。最終ラインにはベルギー人のダームスとブラジル人のダンテという選手がいます。このメンツでこの好成績は熱いです。監督は以前ヘルタを指揮していたルシアン・ファブルですね。ルシアン・ファブル時代、ヘルタは一時期、ブンデスで首位に立ったりしましたし、そのシーズンは確か4位か5位でフィニッシュしたシーズンありましたね。
DSCN1704.jpg
ハノーファーはハノーファーで監督が昔、シャルケをやっていたスロムカでしたけど(笑)ハノーファーの方が選手は知っていました。シュラウドラフであったりとかクリスティアン・パンダーやクリスティアン・シュルツとか。他は分かりませんでしたけど(笑)ハノーファーもそこまで南米やアフリカの選手はいないですね。こちらも基本はドイツ人選手を中心にちょっとヨーロッパ人選手って言う感じでしたね。カリム・ハギやソフィアン・シャヘドやアルティン・ララと言ったチュニジア、アルバニアのアラブ系選手がスタメンにいましたね。FWのモハメド・アブデラウエもノルウェー国籍ですがルーツはアラブでしょう。以前、ハイライトで観た時はコートジボアール人選手のディディエ・コナンがやばそうな印象はありましたがね。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント