2011/11/13

【ドイツ旅行記】パリからフランス国鉄【Thalysタリス】にてケルンへ…

DSCN1609.jpg
KMFDM LIVE@Le Divan du Monde Paris 26.10.2011の翌日は、フランスから再びドイツに戻る旅程を組んでいましたので、昼のフランス国鉄のThalysタリスでドイツのケルンに戻りました。正午の列車だったので、ギリギリまでホテルでグッスリと寝ていましたね(笑)前日のKMFDM LIVE@Le Divan du Monde Paris 26.10.2011でもライブ後に話していたり飲んでいたりで結局ホテルに戻ったのが深夜1時を過ぎていましたので(笑)パリ、1泊だけでしたが非常に素晴らしい街でしたし、もっと余裕があれば、もう1泊とかしたかったんですけどね。ただ日程が限られている中でしたのでケルンへ戻る事にしました。このパリ北駅からはケルンへもそうですし、フランス国内の都市やベルギー、イギリス、オランダなどへの列車も走っていますね。KMFDMのツアー日程がパリの翌日にリールであったりとかだったら、そっちも行ったんですがパリの翌日のボーヴェはキャンセルとなり、その翌日はナントでしたので…ナントとかの西部の方にまで行ってしまうとドイツに戻るのが面倒なので諦めましたが(笑)

DSCN1608.jpg
パリ北駅は、出発の10分とか15分前にならないと列車の出発ホームが表示されませんでしたね(笑)この辺りはドイツの方がしっかりしていますね(笑)ドイツは事前に、列車の出発ホームが駅構内の時刻表に掲載されていますし、電光掲示板にも1時間前には表示されていますからね。まぁお国柄でしょうか(笑)ちなみに、タリスには今回初めて乗りましたが、この列車は全席指定と言う事なので、いつもは現地でチケットを購入していますが、このパリ⇒ケルンのタリスだけは事前に日本から購入していきました。100ユーロとかですから、まずまずじゃないでしょうか。この列車はパリを出発して途中、ベルギーの首都・ブリュッセルやリエージュなどに停車してケルンまで行きますね。非常に良い感じの人気のラインじゃないでしょうかね。出発まで待っていた時に駅構内のパン屋で食べたフランスパンにハムとチーズが挟まったものが、めちゃめちゃ美味かったです(笑)やっぱフランスパンは美味かったです(笑)
DSCN1610.jpgDSCN1611.jpg
パリからタリスで3時間ちょいでしょうか、ケルンに到着しまして、やっぱりドイツに戻ると個人的には慣れている事もあり落ち着きます(笑)ケルンは、これで5回目の訪問と言う事もありますし(笑)海外の都市で5回目って多すぎますが(笑)もう5回も来ると駅前のケルン大聖堂に対しても特に何の感じも受けなくなってきますが(笑)パリの翌日にケルンをチョイスしたのは、ケルンがある州のNRW州で、この時の週末にドイツブンデスリーガの試合が多くあると言う事と、帰国日のフランクフルト空港までもケルンからなら50分程度で行けますし、何よりもKMFDMが出演するベルギーのフェスティバル【Sinners day】に日帰りで観に行く為にもケルンが、丁度、中間のアクセスと言う事もありまして。最大のメインはKMFDMが出演するベルギーのフェスティバル【Sinners day】でしたので、この
【Sinners day】開催のベルギーのハッセルトと言う街には、いったんベルギーのリエージュで乗り換えでしたので、ケルンからリエージュにはICEまたはタリスで1本で行けると言う事もありましたので。まぁ5回も来てると、かなり気楽な感じで、ゆったりと過ごせました。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント