スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KMFDM's new album WTF?! "What The Fuck?!"This new release!!



To fans and friends of KMFDM, our new album asks the question "What The Fuck?" and we want to hear your answers! Make a video response and post it here, then spread the word and collect as many likes as you can for your response. The response with the most likes as well as the Sascha K.'s favorite response will both recieve special KMFDM Mega-Paks courtesy of the KMFDM store. Now get to work!

ついにKMFDMの新譜【WTF?!】がリリースされましたね。Tower Recordsが4月21日の時点で既に入荷していて店頭に並んでいたので自分は真っ先に購入してしまいましたが(笑)当初の4月26日リリースよりも5日も前に売られているなんて驚きました(笑)本当に素晴らしい強烈なアルバムです。自分が世界1好きなバンドの新譜ですから、当然の事なんですが久々にCDを聴いて興奮しました(笑)今回の新譜【WTF?!】は先行シングルのリリースがあったり、PVの作成やリリース前から宣伝のPVなどもあったのでサッシャさんとしてもバンドとしても、かなり力を入れている作品だと言うのが過去の作品と比較しても分かりましたが、本当に素晴らしい作品です。購入してから毎日何度も聴いています。既に全曲覚えましたし(笑)ここで自分なりに新譜【WTF?!】の全曲プレヴューでもやろうかと思います。
wtf_1024x768.jpg
●Krank
まずは先行シングルとしてリリースされたKrankですが、シングルヴァージョンとこのアルバム【WTF?!】とでは曲の始まり、イントロが違いますので、その時点でもうテンションあがりました(笑)もう、この曲はKMFDMらしい曲!だと思います。この曲のリズム・テンポ、サウンド本当にKMFDMらしいです。ただ、これまでの過去の曲で、このKRANKに似た曲があるかどうかと聞かれると難しいですね。KMFDM節炸裂なんですが、新しさも非常にあります!本当に独特な曲です。次のツアーではこの曲をライブでも1曲目にプレイするのか、それともライブの終盤の盛り上がりにまで残しておくのか非常に気になりますね。久し振りのPVにも本当に感動しました。おそらく、今後のKMFDMの活動の中でも代表曲とされる曲にこのKRANKはなるではないかと思います。

●Come On - Go Off
KRANKで素晴らしい始まりを魅せそのまま畳み掛ける様に、この2曲目のCome On - Go Offに入ります。この曲は過去のKMFDMの楽曲でも、このタイプの曲はわりと多くあります。それこそ例えるならTohuvabohu的な感じのタイプの曲だと思います。これまでのアルバムの収録曲の流れだとサッシャさんのボーカルの曲の次には、だいたいルチアのボーカルの曲が順番に入ってきますが、今回の【WTF?!】ではKrank~Come On - Go Offと連発してサッシャさんボーカルの曲が並んできましたね。この曲もライブでは非常に激しくなると思います。

●Rebels In Kontrol
この新譜【WTF?!】からいち早く公開された曲のRebels In Kontrolが3曲目に収録されています。この曲は年末に公開されましたが、自分も大好きな曲です。ルチアが唄う曲はこれまでにも素晴らしい曲が多くありますが、このRebels In KontrolはAttak/ReloadやFree Your HateやLooking For Strangeなどと並んで重要な曲になってくるのではないかと思います。このサウンドとリズム、そしてルチアのメロディラインと素晴らし過ぎます。鋭さもありますし、ヤバい曲です。この曲も過去の曲に似た雰囲気はありますが、過去にありそうでない曲です。I Am What I Amの様な雰囲気もありますが、Los Nios Del Parqueのリズムもありつつ、Free Your Hateほどまではありませんがシャウトもありますし。非常に素晴らしいです。

●Lynchmob
そして4曲目のLynchmob、この曲は、おそらく多くのKMFDMファンが気に入った曲なのではないかと思います(笑)少なくとも自分の友達のKMFDMファンのドイツ人やチェコ人からのメールで、このLynchmobが最も気に入った曲だと言っています(笑)非常に分かる気がしますね。この曲は雰囲気的には前作のBlitzのPotz Blitz!やDavaiっぽいテンポの中に、インダストリアル!って感じの激しいギターサウンドが入ってきますね。Saft Und Kraftなんかも通じていく感じでライブでプレイすれば激しいモッシュになるでしょう(笑)この曲は間違いなくライブで盛り上がるでしょうね。

●Take It Like A Man
アルバムの中盤を飾るこのTake It Like A Man、この曲もこれまでにありそうでなかったルチアが唄うメロディアスな素晴らしい曲です。非常にポップな曲ではありますが、この浮遊した感じのダンサブルな曲、素晴らしいです。ルチアのソロアルバムでは、この様なアプローチの曲は結構ありますし、前作の【Blitz】に収録されているStrutやMe & My Gunなんかにも非常に通じますね。過去の曲であればUrban Monkey Warfare やYo-Ho-Hoなどもそうですね。このエレクトロなサウンドとリズムとメロディが非常にマッチしていてクールで素晴らしいです。KMFDMの特徴の1つでもある踊れるタイプのナンバーですね。こういった曲が出来るのが他のEBM系バンドとは違うと思いますし、ルチアが2000年に加入したからこそ出来る曲だと思いますね。

●Viva La Mort!
6曲目に収録の、このViva La Mort!は非常に面白いアプローチをしてきた曲です。そしてこのアルバムの中でも異彩を放っていると思います。この跳ね系リズムにラテンの要素を入れたサウンドは非常にヤバいです!若干の遊び心なんかも入っていますし、非常に格好良いです。こういったアプローチの楽曲は余り過去にもありませんが唯一挙げるとしたらTohuvabohuの1曲目のSuperpowerでしょうか。この跳ね系リズムのサウンドであっても、しっかりとKMFDM節は炸裂していますし、非常に格好いい曲です。この曲もライブでは非常に盛り上がりそうです。

●Dystopia
Dystopiaは、もう鉄板な感じのルチアが唄うKMFDMの曲って言う感じです。自分の大好きなタイプの曲です。これぞCURVEの様な浮遊感のあるフローティング系ミュージックですね。サッシャさんとルチアとCURVEのガルシアによるユニットのKGCのアルバムにも収録されていても違和感のないタイプの曲だと思いますし、ルチアの大好きなCURVEの楽曲にも通じる雰囲気ありますね。ルチアのボーカルスタイルも非常にCURVEのトニに通じる雰囲気ありますからね。このダークな感じで低温で歌うメロディは凄まじく自分好みです。

●Panzerfaust
Panzerfaust、この曲のタイトルからして非常に興味深いですが、Panzerfaustとは第二次世界大戦中のドイツ軍が使用した携帯性の高い対戦車擲弾発射装置の事みたいです。この曲の空気感というかドープな感じの匂いは本当にアンダーグランドな感じしますし、サウンドの厚みが素晴らしいです。自分の大大大好きなKMFDMの曲のHauruck的な雰囲気も若干ありますね。

●Spectre
Spectre、この曲はLegion WithinのWilliam Wilsonがゲストで参加しています。ちなみにLegion WithinはシアトルのバンドでKMFDMのツアーの前座もやっていますし、KMFDMがプロデュースも担当しています。このWilliam Wilsonの歌声が入る事で楽曲に幅も広がっていますし良い意味でKMFDMの昔の曲っぽい雰囲気と最近のKMFDMとが融合されている感じしますね。

●Amnesia
10曲を飾るAMNESIAは聴いた瞬間に一瞬にしてWWIIIのアルバムが頭を過りましたね(笑)非常にWWIIIのアルバムの楽曲に雰囲気が似た部分あります。それこそStars and stripesやMoronやRevengeの様な曲の雰囲気です。レイモンドが参加した時のアルバムです。あの雰囲気に非常にAMNESIAは似た雰囲気ありますね。あの独特な疾走感とダークサイドな匂い。素晴らしいですからね!個人的にStars and stripesとRevengeは大好きな曲ですし。自分がKMFDMのライブを初めて観たのは2005年のHauruckツアーからなので、バンドの形態、ライブ形態が完全に5人の状態からでしから観ていませんし、AttakとWWIIIからはAttak/ReloadとWWIIIとLast Thingsしか聴いた事がないので。このAMNESIAは次回のツアーで是非、プレイしてもらいたいです。

●Death & Burial Of C. R.
最後はDeath & Burial Of C. Rというタイトルのほぼインスト状態の曲で終わっていきます。KMFDMは全てのアルバムが収録曲11曲!とこだわりがあります。非常に今回のこの【WTF?!】物凄く濃いアルバムだと思いますし、聴けば聴くほどに味が出てくると思います。さらにKMFDMを初めて聴く人もこのアルバムから入ると言うのは良いと思いますね。このアルバムを引き下げてのツアーは強烈だと思います。本来なら5月からツアーがスタートしていたはずなんですが、条件の悪さからアメリカツアーは延期になっています(笑)ヨーロッパツアーは秋に行われる事で固まっていますね。しっかし、これまでの曲にこの【WTF?!】の曲が入ったセットリストは凄まじい事になりそうです(笑)個人的には30曲くらいプレイしてもらいたいくらいですが(笑)自分の中でも仮想で次回のセットリストとか考えてしまいますね(笑)
予想以上に強烈な素晴らしい【WTF?!】これは激ヘビーローテーション確実です。

スポンサーサイト
テーマ:洋楽CDレビュー - ジャンル:音楽

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://kmfdmdfmk.blog81.fc2.com/tb.php/696-07dfa101
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
最新記事
最新コメント
プロフィール

Author■monster

KMFDM KEIN MITLEID!!33 YEARS OF THE HEAVY BEAT!!世界最強のアンダーグランド・Industrial/Electronic body music BAND“KMFDM”の日本ファンブログです。海外でのKMFDM遠征ライブレポ多数載せてあります。Japanese of the big fan of KMFDM!!KMFDM JAPAN Blog has been managed." ’ζ_,`" with Andy,Sascha. 11.08.2017 Berlin
with Sascha,Lucia,Annabella 10.08.2012 Berlin
with Sascha,30.10.2011 Hasselt
with Lucia,Andy,Sascha. 26.10.2011 Paris
with Sascha,Lucia,Annabella. 25.10.2011 Russelsheim
with Sascha,Lucia. 28.06.2010 Hamburg
with Sascha,Andy. 17.06.2010 Russelsheim
with Lucia,03.10.2009 Chicago
with Lucia,Andy,Sascha. 10.06.2009 Vienna
with Sascha,09.06.2009 Russelsheim
with KMFDM. 01.06.2009 Leipzig

リンク
.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。