スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【アメリカ旅行記】Revolting Cocks LIVE@House of Blues Chicago 06.10.2009

DSCN5146.jpg
そしてついに、Revolting Cocksのショウキタ━(゚∀゚)━!!!!!オープニングソングは新譜の『Sex-O Olympic-O』から1曲目のHookerbot 3000からきました。ボーカルはこのふざけた男のJoshua Bradfordです(笑)Revolting Cocksの音源だけ聴いていると、あの声をこの男が出しているのか!?と思ってしまうくらいにギャップがありますね(笑)まぁ自分はやはりギターのSin Quirinに完全に釘付けになっていました。去年7月ドイツのミュンヘンでのMinistryのショウでSin Quirinを観て以来の姿でしたし、まぁMinistryの時に比べると確実にRevolting Cocksでは、リラックスして気軽な感じで楽しんでギターを弾いてる感じでしたが(笑)そのまま2曲目にアルバム順でKeys to the City をプレイしてくれました、この曲は格好良いです。Sin Quirinのギターが全面に出つつも、遊び心を入れたメロディセンスと変態的な感じで熱いです。
DSCN5156.jpg
客の入りは決して多くなく後方はスカスカな感じでKMFDMの時に比べると明らかに少なかったですね(笑)その分、自由に観れましたが、始まってから客も暴れるとかはまずなかったですが、Fire engineがきた瞬間に一気に野郎1人がモッシュし始めて、その瞬間一気にピットが出来上がってしまっていましたね(笑)その男のモッシュをきっかけに、数人が一気にモッシュし始めましたね。いやぁ~Sin Quirinは格好良かったですね。Revolting Cocksは、もちろん格好良いですが、このSin Quirinのギタプレイをもう一度、Ministryでのプレイを見たいですがね。
DSCN5148.jpg
そして、さらに自分が大好きな新譜『Sex-O Olympic-O』からRed Parrot、マジで格好良いです。このSin Quirinの弾くリフがマジでクールです。決してダークなメタルっていうわけではないですし、ガチガチなインダストリアルっていうわけではないですが、Revolting Cocksは独特な雰囲気ありますね。オリジナリティは溢れていますね。
DSCN5150.jpg
このRevolting Cocksのメンバーとツアーメンバーの方を掲載しておきたいと思いますが…
Al Jourgensen
Joshua Bradford (El Homo)
Sin Quirin (El Pecado Grande)
Clayton Worbeck (Lil' Camote)
Aaron Rossi - LubricaTour
Murv Douglas - LubricaTour
Luc Van Acker
Phildo Owen
Al Jourgensen (Founder)
と言うメンバーでドラムのAaron Rossiはあくまでもツアーメンバーっていう感じみたいですね。ですのでMinistryのメンバー3人がいるって感じですね。ちなみにMinistryのメンバーのTommy Victorは現在、Prongでツアー中ですね。Tony CamposもStatic-xとしての活動をしていますね。
DSCN5164.jpg
Revolting Cocks、今回のツアー、全ての土地にAl Jourgensenが出演するわけではなく、ツアー初日のEl PASOとロサンゼルスシカゴとニューヨークの4公演のみの登場だったので、かなりこのシカゴ公演は貴重だったと思います。ライブの後半にボーカルのJoshua Bradfordが、オーディエンスに上を観てごらん、3階でAl Jourgensenが観てるぞ!!と言って皆、オーディエンスが上を観て自分も観ていましたが、見事にAl Jourgensenが来ていましたね(笑)これは熱かったですね。今回のRevolting Cocksツアー、9月10日から10月30日までの39公演の長期ツアーですが、その中の4公演のみにだけAl Jourgensenが出るわけで、まぁシカゴはMinistryが活動の拠点の地でもあったわけですからね。
スポンサーサイト
テーマ:ライブ シーン - ジャンル:音楽

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://kmfdmdfmk.blog81.fc2.com/tb.php/592-5bd91bd8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
最新記事
最新コメント
プロフィール

Author■monster

KMFDM KEIN MITLEID!!33 YEARS OF THE HEAVY BEAT!!世界最強のアンダーグランド・Industrial/Electronic body music BAND“KMFDM”の日本ファンブログです。海外でのKMFDM遠征ライブレポ多数載せてあります。Japanese of the big fan of KMFDM!!KMFDM JAPAN Blog has been managed." ’ζ_,`" with Andy,Sascha. 11.08.2017 Berlin
with Sascha,Lucia,Annabella 10.08.2012 Berlin
with Sascha,30.10.2011 Hasselt
with Lucia,Andy,Sascha. 26.10.2011 Paris
with Sascha,Lucia,Annabella. 25.10.2011 Russelsheim
with Sascha,Lucia. 28.06.2010 Hamburg
with Sascha,Andy. 17.06.2010 Russelsheim
with Lucia,03.10.2009 Chicago
with Lucia,Andy,Sascha. 10.06.2009 Vienna
with Sascha,09.06.2009 Russelsheim
with KMFDM. 01.06.2009 Leipzig

リンク
.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。