スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【アメリカ旅行記】ミシガン湖 Chicago Lake Michigan & Millennium Park

DSCN5115.jpg
初のUS・シカゴにKMFDMとRevolting Cocksのライブを観る事が目的で来たわけですが、観光一切しないのもどうかと言う事で(笑)ガイドブックを渡航前に購入していなかったのでネットで軽く調べて近場で行けそうな見所って事で、ミシガン湖か観れるちょっとしたビーチとミレニアムパークには行く事にしました。一応、その前にCTAのBlue LineのLogan Squere付近のポーランド人街には行きましたが特に何があるっていうわけでもなく(笑)ポーランド人向けのスーパーやレストランがある程度でした(笑)とりあえずは、海というか湖ですが観れる場所にという事でミシガン湖沿いにまで行きました。なかなか、これまで結構、ヨーロッパには行っていますが海って余り観ていないですね(笑)まぁいわゆるリゾート地とかビーチを売りにしてる街とか特に興味ないですし、まぁそういう事もあり南の方には特に興味もないんですがね。2006年に行ったハンブルグ⇒コペンハーゲン⇒マルメでは海を観れましたけどドイツやチェコあオーストリアは陸の国ですからね。ドイツもブレーマーハーフェンとか北部に行けば海観れますけどね。
DSCN5116.jpg
なかなか、この高層ビルと湖のコラボとか、なかなかクールな感じで良かったですね。ここは自転車をレンタル出来ますが、そこまで動きもなかったので軽く散歩程度でしたが、この辺りはかなりマラソンしたり自転車で走ってる人、多かったですね。特にジョギングしてる人はめちゃめちゃ多かったですね。学生の集団で走ってる子等もいましたし、大都会でありながらも少し離れるとこういった場所があるっていうのは素晴らしいですね。この辺りはドイツのフランクフルトのマイン川沿いな雰囲気もありましたね。まぁ東京だとお台場方面でしょうかね、ただ東京は何処に行っても人が多いですからちょっと微妙ですが(笑)しっかし10月6日にしても、かなり寒かったです。正直、ダウン着ていても悪くはない感じだったと思いますし、東京よりも気温は10度低い状態でしたからね。寒かったです。シカゴは11月になったら一気に寒くなるみたいです。真冬はヨーロッパなんかよりも寒いみたいですね。普通にマイナス20度とかにまで達するみたいですし、そうなると4月から10月までで、旅行面はいっぱいいっぱいなんじゃないですかね、冬場にバンドもツアーをするとなるとシカゴ方面は交通面でヤバいんじゃないでしょうか。
DSCN5117.jpg
一応このミシガン湖の解説がありましたので引用しておきます。
『ミシガン湖 (Lake Michigan) は、北アメリカにある五大湖のうちの1つの湖。世界では6番目の面積をもつ淡水湖である。ミシガン湖はチペワインディアン語で「大きな湖」を意味する。
面積は58,016km²、最も深い場所の水深は281mである。南北の長さは494km(307マイル)、東西の長さは190km(118マイル)に及ぶ。貯水量は4871km³である。ヒューロン湖と同じく海抜177mで、2つの湖はマキナック海峡によってつながっている。ミシガン湖とヒューロン湖は水面高が同じであることから、地質学的に1つの湖ということもできる。
五大湖の中でアメリカ国内のみにあり、カナダとの国境の一部でない唯一の湖である。南側から時計回りにインディアナ州、イリノイ州、ウィスコンシン州、ミシガン州に囲まれている。湖の周囲には数多くの町があり、3万人以上の都市だけでも16を数える。イリノイ州シカゴはその中でも最も有名な都市の一つである。湖の南端は大規模な工業地帯になっており、沿岸の人口は約1200万である。』
DSCN5132.jpg
その後にはシカゴの見所の1つでもあると言うミレニアムパーク・Millennium Parkに行きましたが、まぁ何と言うか、正直、ヨーロッパの歴史ある市庁舎なり大聖堂なり古城などの建築物を、これまで結構見てしまっているだけに特に感動も何もなかったですね(笑)あぁーこれか!っていう感じで(笑)かなりの技術等が駆使されているとは思いますが歴史がないと重みを感じられないのは確かですね。スウェーデンのマルメで観たターニングトルソなんかは新しい建築物でしたが、面白みがありましたけどね。
DSCN5127.jpg
このミレニアムパークの説明もありましたので引用しておきます。
『新しく建設され現在人気を博しているミレニアムパークは、アート、ミュージック、建築物や造園設計で受賞歴もある10へクタールの公園です。 ミレニアムパークのシンボルであるアニッシュ・カプーア(Anish Kapoor)作のクラウドゲート(愛称ビーン)は、シカゴの空や訪れる人の表情を映し出します。 フランク・ゲーリー(Frank Gehry)によって設計されたジェイ・プリツカー・パビリオン(Jay Pritzker Pavilion)は、国内で最も洗練された屋外コンサート会場です。 ルーリ・ガーデン(Lurie Garden)の近くには大人気のクラウン噴水(Crown Fountain)があり、浅く反射するプールの角には、ガラスのブロックでできた15メートルのタワーにシカゴ市民のビデオ映像が映し出されています。
主な施設
■ジェイ・プリツカー・パビリオン(コンサートホール)
■AT&Tプラザ、クラウド・ゲート
■クラウン・ファウンテン
■リュリー・ガーデン
■BPペデストリアン・ブリッジ
■マコーミック・トリビューン・プラザ&アイスリンク
■リグレイ・スクエア
■ハリス・シアター(劇場)
■エクセロン・パビリオン
■マクドナルド・サイクル・センター
■ボーイング・ギャラリー
■チェイス・プロムナード
DSCN5130.jpg
ヨーロッパなどに比べ歴史はないですが、でも街並みとしての綺麗な建物の並び方や雰囲気、統一された感じとか洗練された感じはシカゴには、物凄くありますね、高層ビルの美というか、ただ高層ビルを上に高くっていうだけじゃなく、その景観を壊さない様にしていますし、地面の道も広いですし、綺麗に整っていますね。この辺りのセンスはさすがだと思いますね。東京のごちゃごちゃな、めちゃめちゃな都市開発はどうかと思いますし(笑)無理矢理、区画整理して必要のないものを、建て過ぎですし、街は掃除もしてますから綺麗かも知れませんが街並みは決して綺麗じゃないですからね。
シカゴ、非常に良い街だと思います。交通の便も電車のアクセスがかなり良いですし、車なしでも1人でも旅行出来ますし、それに便利ですし食事は量は多いですが安いですし、それに熱いライブもありますし、少なからず自分が接した人は皆、良い人で親切な人が多かったですね。初めてのUSでシカゴで良かったと思いますね。
スポンサーサイト
テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://kmfdmdfmk.blog81.fc2.com/tb.php/589-48cd961f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
最新記事
最新コメント
プロフィール

Author■monster

KMFDM KEIN MITLEID!!33 YEARS OF THE HEAVY BEAT!!世界最強のアンダーグランド・Industrial/Electronic body music BAND“KMFDM”の日本ファンブログです。海外でのKMFDM遠征ライブレポ多数載せてあります。Japanese of the big fan of KMFDM!!KMFDM JAPAN Blog has been managed." ’ζ_,`" with Andy,Sascha. 11.08.2017 Berlin
with Sascha,Lucia,Annabella 10.08.2012 Berlin
with Sascha,30.10.2011 Hasselt
with Lucia,Andy,Sascha. 26.10.2011 Paris
with Sascha,Lucia,Annabella. 25.10.2011 Russelsheim
with Sascha,Lucia. 28.06.2010 Hamburg
with Sascha,Andy. 17.06.2010 Russelsheim
with Lucia,03.10.2009 Chicago
with Lucia,Andy,Sascha. 10.06.2009 Vienna
with Sascha,09.06.2009 Russelsheim
with KMFDM. 01.06.2009 Leipzig

リンク
.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。