スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【アメリカ旅行記】Empty Bottle Chicago &Erin McCarley LIVE@Schubas Tavern Chicago-05.10.2009

DSCN5108.jpg
Milwaukeeから戻った日の10月5日は物凄く興味あるバンドのライブはなかったので何処のライブに行くか迷い、まずはLydia Lunch率いる復活した伝説のバンド・Teenage Jesus & The JerksのEmpty Bottleでのショウを第一候補としてあげていました。昼間時間あったので、とりあえずEmpty Bottleの場所を把握したいのでEmpty Bottleに向かいました。ここはBlue LineのDivision駅がCTAの駅としては最寄駅になりますが、バスでの移動出来ますね。とりあえずはBlue LineのDivision駅にまで行きましたが、何と言うかこの駅周辺はちょっと雰囲気良くないですね(笑)駅出たすぐの所に、結構、イカツイ連中が妙にたまっていましたし、肝心なEmpty Bottle ChicagoですがDivision駅から徒歩で行くとなると、めちゃめちゃ遠いです(笑)自分は結構、歩くペースは早いと思いますが、ここは駅から徒歩で25分以上はかかりますね。ひたすら真っ直ぐ歩くだけですが、ずーっと歩いて病院が左側に見えてくるのでそこを左に曲がるとありました。
DSCN5110.jpg
ちゃんと、この日のアクトの告知でTeenage Jesus & The Jerksと書いてありますね。ただ、この日が月曜で平日という事もありますが21時30分からはちょっと遅すぎます(笑)しかもTeenage Jesus & The Jerksの単独ワンマンならともかく、前座に3バンドもいるとTeenage Jesus & The Jerksの出番は23時過ぎなんじゃないかと(笑)ちょっとそれでいて、このライブハウスのアクセスとなると微妙でしたね。一応、この箱の近くにバス停がありバス乗り場があって、調べたらこの辺りからClarkまで走ってるみたいですが、ちょっと初めての土地でバスはちょっと分からない部分ありますし、CTAのDivision駅からもっと近いなら良かったんですが、まぁさらには夕方前に一気に雨も降り出してきましたので(笑)
DSCN5119.jpg
それに月曜は余りライブをやってる箱が週末とかに比べると少ない事もあり、シカゴに到着した日にTina Dicoを観に行ったSchubas Tavern Chicagoに飲みに行く様なノリで行きました。まぁせっかくのシカゴだったので行った事なかった箱に行きたかったですがね、ここは仕方ないです。Schubas Tavern Chicagoだと最寄の駅もRed Lineで泊まってるホテルもRed lineで気楽でしたからね。ちなみにTina Cicoの時に10月のスケジュールでチェックしていましたが、Erin McCarleyというアメリカの女性シンガーソングライターのライブがあることは知っていましたが、このErin McCarleyと言う人物がどんなアーティストか全く知りませんでしたが、そういう感じの知らないアーティストを生で見るっていう感覚も音楽大国アメリカならではかなと思い行きましたね。日本じゃまずそういう事はしませんが(笑)
DSCN5121.jpg
このSchubas Tavern Chicago、かなり気に入りましたね。ちょっと日本には、まずない感じの箱ですね。バーとレストランがあり、奥にライブのステージという感じで、まぁ新宿ロフトなんかはそういった感じかも知れませんがね。もっと、このSchubas Tavern Chicagoの方が気軽な感じですね。しかも何よりもライブ見るにしてもチケットが安いですよ。17ドルとかですし。本当に日本はチケット代が高すぎますし、酒も高いですし、こう海外のライブのお手軽さというか素晴らしい雰囲気を味わうと日本でライブ見る気が完全に失せてきてしまうんですよね(笑)写真撮影禁止だとか(笑)別にアーティストがOKと言ってるなら写真撮っても良いじゃないかと。ライブ中も写真撮っていないか警備してチェックして注意しに来るとか本当に日本でのライブはうっとうしい事、この上ないです(笑)Erin McCarleyですが、もう31歳とかなのでベテランな感じで経験もあってかなり歌も巧く表現力も素晴らしかったです。かなり大当たりでした。ジャンルとしたはPOP/ROCKって感じですかね。
DSCN5125.jpg
タイプ的にはアラニスとかフィオナアップルとか、そういった感じのタイプの女性ソロアーティスト言う感じでしたが、こういった女性シンガーソングライターって言うのも音楽超大国のアメリカから多く輩出されてきていますからね。ちょっとした1曲だけもヒットソングが出れば一気に人気が出そうですけどね。というか日本でもうけそうな感じしますがね。フジロックなんかも抜擢されても良いかと思いますが。メタルやインダストリアルが好きではありますが、基本的に歌の巧い洋楽のポップ・ロックシンガーは好きですからね。なかなか単独公演までは行きたいと思いませんが、フェスティバルとかならAlanis Morissetteも見たいですし(笑)Erin McCarleyという女性シンガー、かなり良かったと思いますよ。こういった何も知識もないアーティストをライブで初めて音を聞くというのは、凄く良い経験になりますね。海外にいった時だからこそ出来る感じではありますね。今後、このErin McCarleyにはビッグになって欲しいですね。
スポンサーサイト
テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://kmfdmdfmk.blog81.fc2.com/tb.php/588-7fb5fa21
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
最新記事
最新コメント
プロフィール

Author■monster

KMFDM KEIN MITLEID!!33 YEARS OF THE HEAVY BEAT!!世界最強のアンダーグランド・Industrial/Electronic body music BAND“KMFDM”の日本ファンブログです。海外でのKMFDM遠征ライブレポ多数載せてあります。Japanese of the big fan of KMFDM!!KMFDM JAPAN Blog has been managed." ’ζ_,`" with Andy,Sascha. 11.08.2017 Berlin
with Sascha,Lucia,Annabella 10.08.2012 Berlin
with Sascha,30.10.2011 Hasselt
with Lucia,Andy,Sascha. 26.10.2011 Paris
with Sascha,Lucia,Annabella. 25.10.2011 Russelsheim
with Sascha,Lucia. 28.06.2010 Hamburg
with Sascha,Andy. 17.06.2010 Russelsheim
with Lucia,03.10.2009 Chicago
with Lucia,Andy,Sascha. 10.06.2009 Vienna
with Sascha,09.06.2009 Russelsheim
with KMFDM. 01.06.2009 Leipzig

リンク
.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。