スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【アメリカ旅行記】KMFDM LIVE@The Rave Milwaukee 04.10.2009

DSCN5092.jpg
前日のHouse of Blues Chicagoに比べるとオーディエンスの激しさ・熱狂ぶりさは落ち着いていましたが、House of Blues Chicagoのオーディエンスが熱すぎだった事もあると思いますが(笑)このThe RaveのオーディエンスもさすがにSaft Und Kraftがきてからは一気にモッシュが激しくなっていましたね(笑)まぁでもHouse of Blues Chicagoのオーディエンスに比べたら落ち着いていたと思いますね。ヨーロッパだとやはりプラハが最もオーディエンスは熱かったと思いますね。Megalomaniacがきた時はやはり会場内の雰囲気は最高でしたね。この曲は本当にKMFDMの歴史の様な曲ですし、その時代を感じさせてくれる匂いもありますね。Megalomaniacなんかを聴くと本当にインダストリアルだなぁ~っていう感じをしますね。Slick Idiotなんかは、もろにMegalomaniacを意識した楽曲やってますが(笑)Slick Idiotもこの時期にUSツアーやってますが、ちょと場所が遠くて行けませんでしたね。Slick Idiotも観たいです。Megalomaniac⇒Lightの流れはライブの終盤には強烈に熱いです。
DSCN5096.jpg
そしてライブ終盤には、ここでルチアのブチ切れボーカル炸裂のFree Your Hateキタ─wwヘ√レvv~(゚∀゚)─wwヘ√レvv~─ !!!この曲の鋭さと攻撃的な感じは本当に強烈です。やはり綺麗に歌い上げるだけn女性ボーカルではなく、こうブチ切れたボーカルスタイルも取れるのは素晴らしいですね。そこがルチアの強みというかが決定的に他のバンドとの違いでしょうね。CURVEのトニも強烈に素晴らしいですが、トニは低温で歌うのが主流ですからね。そのまま、やはりKMFDMのライブ、本編ラストはこの曲しかないだろうと言うくらいにA Drug Against Warキタキタキタキタキタキタキタキタ━━━(゚∀゚≡(゚∀゚≡(゚∀゚≡(゚∀゚≡(゚∀゚)≡゚∀゚)≡゚∀゚)≡゚∀゚)≡゚∀゚)━━━━!!!!!!!!!!自分のUS遠征でのKMFDMのライブ最後でしたし、今年観れるKMFDMのライブが最後になってしまう事もあり、さすがにA Drug Against Warではモッシュピットに突っ込んでいきました(笑)The Raveのオーディエンスも強かったですね(笑)
DSCN5097.jpg
本編が終わり、オーディエンスの熱いK!M!F!D!M!K!M!F!D!M!K!M!F!D!M!K!M!F!D!M!の歓声は熱かったですね。いわゆるインダストリアルは既に過去のもので人気がないとは言われていますが、やはりアメリカでは、まだまだ根強いと思いましたね、もちろんドイツは当然の事ですが、ドイツでのゴス・EBMの人気はちょっと尋常じゃないと思いますがね(笑)インダストリアルバンドを集めたフェスをいくつも開催してるなんて本当に強烈ですよ。アンコールで登場したKMFDMですが、やはりサシャさんのコンディションが悪い部分から考慮したのか、いきなりAdiosからプレイしました。本来ならWWIIIのはずですが、WWIIIはサシャさんがメインに歌いますし、かなり喉に負担かかる曲ですからね…
DSCN5101.jpg
Adiosのみプレイをして、いったんメンバーは袖に下がりました。再びK!M!F!D!M!K!M!F!D!M!K!M!F!D!M!K!M!F!D!M!の歓声によりメンバーは登場してGodlikeをプレイしました。あぁーGodlikeがきてしまったという事は、もう完全に最後なんだ!とちょっと寂しい気にもなりましたね。ただ確かにサシャさんの喉の調子も悪そうでしたし、ライブをキャンセルするわけにはいかないですからね、翌日のMinneapolis公演も控えていましたからね。コンディションの問題はありましたが、ショウは相変わらずに素晴らしく、サシャさんの分までルチアのブチ切れ具合が凄まじいショウでしたね(笑)
DSCN5102.jpg
ライブ後、客がフロアから出ていなくなった後に、ちょっとメンバーにお礼をしないとと言う事で、楽屋に行きましたが、やはりサシャさんの姿はなく、ギターのJulesと話、やはりサシャさんは喉がヤバくて喋るのも辛い状態でとの事で…奥にいたLuciaとSteveに呼ばれて楽屋の奥でLuciaとSteveと、しばらく話していましたが、明日のMinneapolisも来たら?来ないの?みたいな感じでサラっとそんな当たり前の様な感じになっていましたが(笑)さすがに、明日は行けずで水曜には日本に帰らないとと言い、ルチアの、あらー残念だわ~、じゃぁ今晩が最後なのね?と(笑)サシャさんがそんな状態なので、サシャさんにお礼とありがとうと伝えてください!とルチアに伝えました。最後はルチアとハグして別れましたが、残念な事にサシャさんとだけ、ミルウォーキーでは会えませんでした…他のメンバーは全員とあとスタッフ2人とも何度も会っていましたが。サシャさんにだけは結局、シカゴで会っただけでした。まぁシカゴで楽屋で散々話しましたが、ただお別れのお礼と挨拶出来なかったのが心残りですが、帰国後にサシャさんからメールもらいまして、その件についても触れていましたね。また次、早く再会したいですね。
スポンサーサイト
テーマ:ライブ シーン - ジャンル:音楽

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://kmfdmdfmk.blog81.fc2.com/tb.php/586-5ce62280
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
最新記事
最新コメント
プロフィール

Author■monster

KMFDM KEIN MITLEID!!33 YEARS OF THE HEAVY BEAT!!世界最強のアンダーグランド・Industrial/Electronic body music BAND“KMFDM”の日本ファンブログです。海外でのKMFDM遠征ライブレポ多数載せてあります。Japanese of the big fan of KMFDM!!KMFDM JAPAN Blog has been managed." ’ζ_,`" with Andy,Sascha. 11.08.2017 Berlin
with Sascha,Lucia,Annabella 10.08.2012 Berlin
with Sascha,30.10.2011 Hasselt
with Lucia,Andy,Sascha. 26.10.2011 Paris
with Sascha,Lucia,Annabella. 25.10.2011 Russelsheim
with Sascha,Lucia. 28.06.2010 Hamburg
with Sascha,Andy. 17.06.2010 Russelsheim
with Lucia,03.10.2009 Chicago
with Lucia,Andy,Sascha. 10.06.2009 Vienna
with Sascha,09.06.2009 Russelsheim
with KMFDM. 01.06.2009 Leipzig

リンク
.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。