スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【イングランド旅行記】ブリストルの街が生むサウンド、クラブLAKOTAへ

FI1793063_0E.jpg
せっかくトリップホップの発祥地、ドラムンベースも非常に熱い街という事もある、このブリストルの地ですから、渡航前から調べていたブリストルのクラブに行く事にしますライブハウスやクラブも結構、多くある街ですが、特に好きなバンドのライブはなかったので、軽くドラムンベース系のブリストルなサウンドの音が流れるクラブという事もありまして【LAKOTA】という箱に行く事にしました場所は分からないのでタクシー移動するしかないんですけどね(笑)写真は、夕飯食べた後に街中を歩いていた時にあった、ブリストルのハードロックカフェですねこのハードロックカフェにも行きたかったですねロンドンでの普通のパブでも、かなり良い雰囲気でしたし、ブリストルはロックバンドも実はいたりしますしね
FI1793063_1E.jpg
CLUB LAKOTAのロゴですラコタというのは、元々、ラコタ族というそういう貴族というか集団というかがいたみたいですインディアンとはまた違うみたいですが、ブリストルの出身のKOSHEENという素晴らしき女性ボーカルのユニットがいるんですが、彼等のCDのジャケットとかは、このラコタ族をモチーフにした感じのジャケットという事もありますとりあえずクラブ近くに行ったら、ブリストルの住人の若い兄ちゃん等に『ジャパーン!!』と叫ばれましたね(笑)俺も手を挙げて『オォ!ブリストル!!』と言い返してやりましたが(爆)日本人というかアジア人は俺は1人でしたね本当に英語が喋れれば、ブリストルの住人の音楽好きの奴に色々と話をして聞いてブリストルのシーンを色々と聞きたかったですね~そういうイングランド人の友達が欲しいもんですそういう友達がいれば英語の上達も早くなりそうです
FI1793063_2E.gif
UPER YORKSTの通りにあります基本的に音はドラムンベースが主流の箱でしたドラムンベースはかなり好きなので、俺的には最高ですブリストルの街出身のドラムンベース界での先駆者でもあるRONI SIZEやKRUST、DJ DIEのFULL CYCLE集団なんかもブリストル出身のアーティストですし、やはりブリストルはクラブとしてはドラムンベースが一番に熱いシーンみたいですねバンドとしてというか、このブリストルの街で世の中ではやはりトリップホップのMASSIVE ATTACK、PORTISHEAD、TRICKY、ALPHA、KOSHEEN、BABY NAMBOS、BREAKBEAT ERA等が有名ですねスミス&マイティなんかもブリストル出身ですしロンドンの様な大きな街でもないですし、ロンドン程、様々な音楽があるわけではないと思いますが、ブリストルの街は実に魅力的ですそれでいてブリストル出身のアーティストは皆、このブリストルの街を誇りに思っているというか地元を大事にしているのが非常に伝わってきます
FI1793063_3E.jpg
やはり俺みたいなマニアックな音楽が好きな人間にとっては日本のシーンでは全く面白みがないですね東京は海外からのDJも多くきていますし、海外のバンドのライブも頻繁に行われていますし、全世界から様々な音楽が入ってきていますからCD1つ購入するにしても大手レコード店でなくても、ジャンル専用のレコード屋とかも様々ありますので、そういう意味では東京は凄いとは思いますが…JPOPもアメリカのロックR&BもHIPHOPもUKロックもヨーロッパのテクノ・トランス・エレクトロも、クラシックも民族音楽も様々、入手する事は出来ますが、日本・東京はアメリカの影響が強すぎるのが個人的には駄目です(爆)アメリカン好きな人を多く敵に回す事になりますが(爆)基本的にヒップホップは苦手なので日本のクラブはHIPHOP・レゲエが多いですし、それにトランス・エレクトロも欧州での受付方と東京とでは全く違いますからねそういう意味を含めてもやはりヨーロッパの音楽シーンは最高です!!
FI1793063_4E.jpg
とりあえず、せっかくだから行ったという事もあるクラブなので、何て言うDJがプレイしていたのかは分からない状態でしたが(笑)個人的には凄く、良い経験をしましたね基本的にはDJプレイよりも、やはりライブを見たいという願望が強いので、今後ブリストルに行く機会があれば、その時は好きなブリストルのバンドのライブの時のタイミングに合わせて行きたいですね今まで好きな海外のバンド・アーティストのライブは見てきたんですが、まだ最後に残されている大物がブリストルにはいますこのブログのTOPにも固定しているPORTISHEADです彼等は活動していないわけではないんですが…いわゆる開店休業状態の訳分からない状態になっています(笑)年内に8年振りの新譜が出ると今年の頭に発言していましたし津波のチャリティライブでmassive attackとブリストルカーリングアカデミーでのショーもやっているんですが…完全復活を待ち望んでいます素晴らしきブリストル滞在最終日の夜を過ごせました
スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://kmfdmdfmk.blog81.fc2.com/tb.php/47-afca2919
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
最新記事
最新コメント
プロフィール

Author■monster

KMFDM KEIN MITLEID!!33 YEARS OF THE HEAVY BEAT!!世界最強のアンダーグランド・Industrial/Electronic body music BAND“KMFDM”の日本ファンブログです。海外でのKMFDM遠征ライブレポ多数載せてあります。Japanese of the big fan of KMFDM!!KMFDM JAPAN Blog has been managed." ’ζ_,`" with Andy,Sascha. 11.08.2017 Berlin
with Sascha,Lucia,Annabella 10.08.2012 Berlin
with Sascha,30.10.2011 Hasselt
with Lucia,Andy,Sascha. 26.10.2011 Paris
with Sascha,Lucia,Annabella. 25.10.2011 Russelsheim
with Sascha,Lucia. 28.06.2010 Hamburg
with Sascha,Andy. 17.06.2010 Russelsheim
with Lucia,03.10.2009 Chicago
with Lucia,Andy,Sascha. 10.06.2009 Vienna
with Sascha,09.06.2009 Russelsheim
with KMFDM. 01.06.2009 Leipzig

リンク
.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。