スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【J. League Division 1】02.05.2009 生観戦レポートヽ(゚∀゚)ノ

DSCN3807.jpg
J. League Division 1 第9節
浦和レッズ 1 - 0 アルビレックス新潟

4月の京都戦も観に行っていましたが、あの時はデジカメを持っていくの忘れたのでレポしませんでしたが今回は2位3位の対決という事もありましたので、きっちりとレポをします(笑)前節のアウェイの清水戦、勝っていれば最高だったんですが、終了間際に追いつかれドローで勝ち点1だった事もあり、この新潟戦は何がなんでも勝たないとならない試合でしたし、GW期間と言う事もあり5万人越えの相変わらずに素晴らしい雰囲気の埼玉スタジアムでした。スタメンはここ数試合と変わらずな感じで左サイドバックは細貝です。中盤は鈴木、阿部にポンテと山田直で、原口、エジミウソンのコンビです。
DSCN3810.jpg
試合立ち上がりから、どちらのペースと言うわけもなかったと思います(笑)これと言った決定的なチャンスはありませんでしたし、ただ新潟は現在この順位にいるのが分かるチームでしたね、DF、MF、FWと各ポジションにブラジル人を置き、中盤のリシャルデスも良い選手ですが、やはりFWのペトロジュニオールのドリブルは驚異です。完全に1人でドリブルで仕掛けてもっていけるタイプの、まさにブラジル人ですね(笑)あのボディバランスは本当に素晴らしいです。山田と阿部の2人で潰しにいっても普通に振り切られていましたし…相手チームの事はそれくらいにしおいて、前半は闘莉王のオーバーヘッド気味なシュートくらいですかね、枠にいき惜しかったのは。あれだけ新潟にゴール前を固められてしまうと、なかなかペナの中には入れませんので、もっと遠目からでもミドルを打って欲しいんですが。
DSCN3813.jpg
前半は結局0-0でしたし、千葉戦、清水戦、そしてこの新潟戦と過密日程と言う事もあり、中盤の若手の原口、山田直の2人はそれまでの試合と比較すると、ちょっとらしいパフォーマンスが出せていなかったかも知れませんね。それもあり後半の10分に高原を投入した監督の采配は正しかったですね、こういった試合だけに、高原には結果を出してほしかったんですが・・・やはり、いまいちですね。高原にいい感じでボールが渡らないという部分もありますが、サイドで開いてもらう事が多いですし、結局、そこで下げるかドリブルでつっかけても、カットされて流れが切れるというパターンばかりでしたね(笑)
DSCN3811.jpg
新潟のリシャルデスが2枚目のカードで退場し10人になったので、ここは意地でも点を取らないとならないこともあり、だいぶサポーターのボルテージもあがっていましたね。浦和の攻撃もパスサッカーで昨季に比べ非常に良くはなっていますが、最終的な仕上げがまだまだですね。結局、枠にシュートがいかない事には何もおきませんし…さらにはカウンターですかね、相手のコーナーキックのこぼれ球を拾ってからの高速なカウンター、2人3人で得点を奪えるくらいの高速カウンターが浦和にあれば、だいぶ違うんでしょうけど、その辺りは昔のエメルソンがいた時代なんかはそうでしたが(笑)カウンターでダイレクトパスを2,3本つないで一気に相手ゴール前まで突き進み決めるといって形ですね。
DSCN3814.jpg
新潟が10人になってからは浦和が圧倒的に攻めていましたが、なかなか点が奪えず、もうスコアレスで終わってしまうのか?と思いつつもロスタイムが意外と長かった事もあり最後の最後のワンプレーのコーナーで闘莉王がやってくれましたね(笑)あのコーナーからの打点の高い頭でのゴールはセリエAばりな感じのゴールでしたね(笑)ポンテのボールも素晴らしかったですが、あの頭は凄過ぎです(笑)しかし、闘莉王が決めた様なゴールを高原が本来すべきだと思うんですが。まだまだ高原の今季初ゴールが遠いです。昨季は既に決めていましたし・・・今季の浦和は得点が少ないこともありますが、まだ高原のゴールが観れないですね…。。。ただ、何よりも勝ち点3を取れたことが大きいです。とにかく勝つしかないです。1-0でもとにかく勝ち続けないと。今季は優勝しなければなりませんから、鹿島にくらいついていかないといけませんからね。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://kmfdmdfmk.blog81.fc2.com/tb.php/409-8157549c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
最新記事
最新コメント
プロフィール

Author■monster

KMFDM KEIN MITLEID!!33 YEARS OF THE HEAVY BEAT!!世界最強のアンダーグランド・Industrial/Electronic body music BAND“KMFDM”の日本ファンブログです。海外でのKMFDM遠征ライブレポ多数載せてあります。Japanese of the big fan of KMFDM!!KMFDM JAPAN Blog has been managed." ’ζ_,`" with Andy,Sascha. 11.08.2017 Berlin
with Sascha,Lucia,Annabella 10.08.2012 Berlin
with Sascha,30.10.2011 Hasselt
with Lucia,Andy,Sascha. 26.10.2011 Paris
with Sascha,Lucia,Annabella. 25.10.2011 Russelsheim
with Sascha,Lucia. 28.06.2010 Hamburg
with Sascha,Andy. 17.06.2010 Russelsheim
with Lucia,03.10.2009 Chicago
with Lucia,Andy,Sascha. 10.06.2009 Vienna
with Sascha,09.06.2009 Russelsheim
with KMFDM. 01.06.2009 Leipzig

リンク
.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。