スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さいたまシティカップ2008『浦和レッズ×バイエルン・ミュンヘン』生観戦レポ!!

1.jpg
欧州旅行記を、約一ヶ月掲載していたので、さいたまシティカップ2008『浦和レッズ×FCバイエルン・ミュンヘン』の試合の生観戦レポを記事として書けていませんでしたが、今週末から【Deutschland Fußball-Bundesliga 2008-09】が開幕すると言う事ですし、開幕戦が他の試合よりも1日早く金曜の夜『15.08.2008・Bayern München - Hamburger SV』と言う事もありますので、遅くなりましたがこのタイミングで掲載したいと思います。今回の欧州渡航で初ミュンヘンに行った事もありますし、Bayern Münchenのスタジアム・Allianz Arenaにも足を運んだという事もありましたので非常にバイエルンに対しての親近感が湧きましたね。




2.jpg
ただ、相手が我が浦和レッズなので、さすがにバイエルンのTシャツなどを着てスタジアムには行けませんが(笑) 旅行記でも書いてましたが2005年に初めてドイツ旅行をしてからドイツの魅力に思い切りハマリ、それ以降、何度も訪れていますが、今まで海外サッカーはイングランドプレミアリーグやイタリアセリエAとかしか観てませんでしたが、ドイツ旅行をしてからブンデスリーガも凄く注目する様になりましたし、さらにはブンデスでプレーする東欧選手の影響から東欧のクラブにも注目する様になりました。個人的にブンデスのクラブで物凄く応援してるクラブはありませんが、個人的に贔屓してるのはHertha Berlin。それから日本人選手が在籍しているWolfsburg、Bochum、Frankfurtは注目してますが、魅力的な面白いサッカーしてるのはやはり王者・FC Bayern München !それからSchalke 04、Werder Bremenですね。あとは2部ですが、もちろんFC St Pauliにも興味あります(笑)
3.jpg
我が浦和レッズとバイエルンは2005年にパートナーシップを結んだと言う事もあり非常に親密な関係ですし、互いのクラブのHPにお互いのクラブのHPをリンクでも張っています。バイエルンファンで浦和レッズの存在を知ってる人も少なからずいるでしょう。レッズは非常にドイツの選手もそうですし繋がりが昔から深い事もありますので、本当に感謝すべき事が多くあります。この写真でバイエルンのスタメンを観れば分かる通り、リベリとトニを除いた今考えられるベストメンバーです。このメンバーでリーグを闘う試合も普通にあると思います。リベリ、トニが来日しなかったのは残念ですが。それからオフに補強したボロウスキーもですね。
4.jpg
試合ですが、立ち上がりからバイエルンが強烈でしたね(笑)圧倒された感じすらします。浦和がベストメンバーのスタメンではなく闘莉王、高原がベンチスタートでしたし。高原に関しては途中出場もせずで残念過ぎます。八ヶ月前までは真剣勝負でバイエルンと高原はドイツで試合していたわけですし、HSV時代のチームメイトのVan Buytenはスタメンフル出場していましたし。前半、途中まで浦和はシュート0でバイエルンの攻撃に圧倒されてましたね(苦笑)開始20分までに2失点は痛いです。最も目立ったのは、ゼ・ロベルトですね。本当に凄いです。なかなかJリーグでは、あのレベルの選手は正直見れないです。ゼと絡む左サイドのラームも本当に巧いです。アルティントップも素晴らしかったですし、ファンボメルもさすがでしたね。前半のクローゼのスルーパスからのポドルスキーのGOALはさすがでした(笑)ポドルスキーはシュート力もありますがキックの質が高いですしシュート巧いですね。
5.jpg
後半のGOALも素晴らしかったです。それにしても、このポドルスキーでもトニが戻ってきたらスタメン落ちもあるわけで(苦笑)ケルンに移籍とかの噂もありましたね。試合後半は浦和は4失点しましたが2点取りましたし阿部のオーバーヘッドは素晴らしかったですね。浦和とバイエルンには違いは多くありますし、浦和は浦和のスタイルがありますがバイエルンから学ぶ事は多くあると思いますね。客席にはギドブッフバルトの姿もありましたし、試合後にギドとバイエルンの新監督のクリンスマンは話姿は熱いものがありましたね(笑)これからも、さらにバイエルンとは良い関係を築いて欲しいです。そして浦和は残りのシーズンとACL、バイエルンは新シーズンのブンデスリーガと今季はCLもありますから、良い所まで進んで欲しいですね。非常に為になる親善試合でした。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://kmfdmdfmk.blog81.fc2.com/tb.php/371-3587fec6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
最新記事
最新コメント
プロフィール

Author■monster

KMFDM KEIN MITLEID!!33 YEARS OF THE HEAVY BEAT!!世界最強のアンダーグランド・Industrial/Electronic body music BAND“KMFDM”の日本ファンブログです。海外でのKMFDM遠征ライブレポ多数載せてあります。Japanese of the big fan of KMFDM!!KMFDM JAPAN Blog has been managed." ’ζ_,`" with Andy,Sascha. 11.08.2017 Berlin
with Sascha,Lucia,Annabella 10.08.2012 Berlin
with Sascha,30.10.2011 Hasselt
with Lucia,Andy,Sascha. 26.10.2011 Paris
with Sascha,Lucia,Annabella. 25.10.2011 Russelsheim
with Sascha,Lucia. 28.06.2010 Hamburg
with Sascha,Andy. 17.06.2010 Russelsheim
with Lucia,03.10.2009 Chicago
with Lucia,Andy,Sascha. 10.06.2009 Vienna
with Sascha,09.06.2009 Russelsheim
with KMFDM. 01.06.2009 Leipzig

リンク
.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。