スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FIFA Club World Cup Japan2007【AC Milan×Urawa Reds】

FI2620997_1E[1]
FIFA Club World Cup Japan 2007
AC Milan 1 - 0 URAWA RED DIAMONDS
歴史的な一戦を生観戦してきましたのでレポを。まず試合は負けましたが浦和レッズのチームそしてサポーターは本当に素晴らしいです。ここ数年、普段のJリーグなど指定席で観ていますが、今回は本当にゴール裏で叫び応援したかったですね!ミランとの真剣勝負の舞台、浦和をゴール裏で応援したいと言うアドレナリンが爆発しました!(笑)ACLの決勝トーナメント期間中に、このFIFA Club World Cup Japan2007のチケットが発売され全席指定と言う席種で、普段の浦和サポーターが、まとまって応援しにくい環境でありながらも、浦和レッズのサポーターはゴール裏に集まる…凄まじく感動しましたね。



FI2620997_2E[1]
スタメンは浦和は予想通りでしたね。個人的には小野伸二を見たかったんですがね。マンU戦でのゴールを再度!と思ってましたし。ミランは怪我で離脱してたヤンクロフスキが先発でネスタとCBを組んだのはカラーゼでしたのでマルディーニはベンチスタートでした。チェコ代表ファンの自分としてはヤンクロフスキ見れたのは非常に嬉しかったですね。ミランとユベントスは自分が海外サッカーに興味を持つきっかけとなったクラブだけに非常に好きですが、浦和との試合では自分はミランは応援出来ません(笑)何よりも我が地元の浦和レッズが最優先ですし。立ち上がりに阿部勇樹がシュート打っていったのは素敵でしたね。ミランは立ち上がりはアンブロジーニが素晴らしく効いてました。そしてやはりピルロですね。
FI2620997_3E[1]
メンバー的にも個人の力的にもミランが力あるのは当然ですが、そんな中でも浦和は本当に頑張っていたと思います。ボール支配率がミランが圧倒していても最後の所で耐えていましたし、前半0-0で終えた事は良い出来だったと思います。ただ、浴を言えば、浦和に強烈なミドルシュートを打てる選手がいれば!と思ってしまいましたね。ミランの守備は非常に堅いですし、崩せませんし(苦笑)ミランですが、やはりピルロ、セードルフ、カカ、この3人は尋常じゃないです。世界の一流選手でなく超一流ですね。なかなかこのクラスのプレーを日本で見る事は出来ないので、本当に圧巻でした。守備に関してもミランのプレッシングサッカーは凄まじいです。中盤から両サイドバック、CBのカバーリングと潰し素晴らしいです。ただ浦和も阿部と鈴木は非常に良かったです。
FI2620997_4E[1]
失点シーンですが、あれはカカに完全にやられました…最後の部分で浦和は耐えていましたが、失点の時は本当、一瞬でしたね…カカが突破から抜きさりクロス、そこに合わせたセードルフ、セードルフのシュートもさすが巧かったですね。最終的にはこういった個人の差でした(苦笑)後半途中からジラルディーノにインザーギ。ヤンクロフスキに代わりマルディーニが投入されました。マルディーニは非常に昔から好きな選手なので、これは嬉しかったですが、浦和も山田が入り惜しいシュートもありましたし浦和を応援する姿勢に変わりはありませんでしたし、正直、キーパーがジーダでなければ…!!と思った瞬間もありました。ワシントンのシュートもジーダでなければキャッチ出来ないと思いますし(笑)
FI2620997_5E[1]
ミランに試合には負けましたがACL決勝をドイツ旅行で観に行けなく帰国後のJリーグ、鹿島戦・横浜FC戦とスタジアムに足を運んでも連敗でリーグ優勝を逃してしまいましたが…このミラン戦で浦和レッズサポーターの素晴らしさを再度、実感しましたしACミランの超一流なレベルの高いフットボールを見る事が出来ご褒美をもらった感じがしますね。自分はやはり我が地元の浦和レッズが好きです。どんなにレベルの高いサッカー魅力あるクラブが海外にあっても地元のクラブというのは特別です。これは弱小時代から応援してきた埼玉県民の浦和レッズサポーターにしか分からないでしょう。16日、浦和レッズ、今年最後の試合、勝って3位で終って欲しいです!そして来年、またFIFA Club World Cup Japan 2008で浦和レッズが闘ってる姿を見たいです。

赤き血のイレブン~♪ラララ~♪浦和レッズ~♪世界に~魅せつけろ~♪俺たち!の誇り~♪赤き血のイレブン~♪ラララ~♪浦和レッズ~♪世界に~魅せつけろ~♪俺たち!の誇り~♪
スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://kmfdmdfmk.blog81.fc2.com/tb.php/360-8636ef50
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
最新記事
最新コメント
プロフィール

Author■monster

KMFDM KEIN MITLEID!!33 YEARS OF THE HEAVY BEAT!!世界最強のアンダーグランド・Industrial/Electronic body music BAND“KMFDM”の日本ファンブログです。海外でのKMFDM遠征ライブレポ多数載せてあります。Japanese of the big fan of KMFDM!!KMFDM JAPAN Blog has been managed." ’ζ_,`" with Andy,Sascha. 11.08.2017 Berlin
with Sascha,Lucia,Annabella 10.08.2012 Berlin
with Sascha,30.10.2011 Hasselt
with Lucia,Andy,Sascha. 26.10.2011 Paris
with Sascha,Lucia,Annabella. 25.10.2011 Russelsheim
with Sascha,Lucia. 28.06.2010 Hamburg
with Sascha,Andy. 17.06.2010 Russelsheim
with Lucia,03.10.2009 Chicago
with Lucia,Andy,Sascha. 10.06.2009 Vienna
with Sascha,09.06.2009 Russelsheim
with KMFDM. 01.06.2009 Leipzig

リンク
.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。