スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祝!!【浦和レッズ、優勝!!】浦和×G大阪、生観戦レポート②レvv~(゚∀゚)─wwヘ√レvv

FI2620729_1E[1]
ロスタイム、2分が経過し主審の上川さん、ドイツ・ワールドカップでも笛を吹いた上川さんのタイムアップに笛が鳴った瞬間、浦和レッズの念願の歓喜の優勝が決まりました。このブログではサッカーネタは欧州サッカーの記事をメインに書いてますが、生粋の埼玉人の俺としても、Jリーグ開幕前から浦和レッズを応援してきましたし、弱小時代も知ってます。今はわりと冷静に観戦してますが、その昔はゴール裏で、散々、相手チームに野次も飛ばしていましたし(笑)Jリーグ発足の開幕1993年からついに2006年の12月2日という日に念願のチャンピョンへと。これは、ただの優勝でなく『浦和・埼玉』という街の誇りでもありますね。Jリーグ発足時の地域密着というテーマ、その当初から浦和・埼玉こそが地域に根付いたクラブだと思ってます。



FI2620729_2E[1]
欧州のレベルの高いサッカーを見てしまうと確かにJリーグではプレーの面では物足りない部分もあるのは正直な所ですが、やはり自分の住んでる街にあるクラブ、長い間、応援していたクラブが優勝するという事は非常に嬉しい事ですし、代表よりもクラブチームを応援する人が海外でも多いというのは分かる気がしますね。表彰式も行われグランドを選手・スタッフが一周する。昔では考えられない事です。本当に考えられない事です。欧州のクラブの様にJのクラブは、そこまで歴史がありませんし歴史が浅いですが、浦和レッズの初期の弱小・低迷・J2降格。様々な悲惨な時期を乗り越えの優勝ですから、非常に重みがありますね。
FI2620729_3E[1]
選手がドレッシングルームに戻りお客さんも帰っていきましたがゴール裏からは、しばらくサポーターが離れませんでしたね(笑)何度も選手の歌を歌う。そして、終盤には過去の浦和レッズの選手の応援歌を(笑)これは非常に懐かしく熱かったです(笑)ゲットゴール、福田!は、もちろんの事、トレビソンノ、名取、ペトロビッチ、杉山、バイン、ブッフバルト。などなどからここ数年のマリッチやエメルソンなど、懐かしい応援歌を聞けました。他もJリーグのチームでは、ここまで過去の選手の応援歌を今でもしないでしょうね(笑)今、エメルソンの応援歌は若干、複雑ではありましたが(笑)ゴール裏からはサポーターが帰る気配ありませんでした。俺は友達の車にで浦和の街に向かいました。
FI2620729_4E[1]
車で浦和の街に行く途中、夕飯を食べ、21時前に浦和の街に到着し、もう街中はレッズの旗を振った集団も多々いて(笑)祭りでした。車をパーキングに止め、外に出たら、近くから『浦~和レッズ♪』や山田の応援歌などがめちゃめちゃ聞こえてきまして(笑)そのままレッズサポーターが集まる居酒屋『力』に向かいます。この力もJリーグが発足する前から浦和にあり、ここの店主も浦和レッズを本当に昔から知ってます。もう『力』の周りは人でごったがえしていて歌いまくりの酒飲みまくりで、すれ違う人すれ違う人と、握手したり抱き合ったりと素晴らしい雰囲気でした。浦和の商店街というか街中でビール片手に歌うのは熱いです。『力』は浦和駅の商店街というか居酒屋とか店が密集した一角にあるので道が狭いので、まともに歩けない状態になってました。力から浦和駅前に向かう事にしました。
FI2620729_5E[1]
浦和駅前に向かう通り、熱いサポーターが集まり歌いながら赤の発炎筒を出し、素晴らしい光景でした。写真の後ろにも見えると思いますが伊勢丹の看板とセブンイレブンの看板(笑)普通に街中ですからね、車も通れなくなってました(笑)途中、警察が大勢来て、発炎筒を消されてしまいましたが(笑)素晴らしい光景でした。過去、ナビスコカップ優勝の瞬間も見る事が出来、そして今回、念願の年間王者の瞬間を生で目撃することが出来、本当に運が良いと思います。これだけのサポーターがいるレッズ、Jリーグは浦和が引っ張っていかないといけないと思いますね。来年のアジアチャンピョンズリーグで、結果を残してもらいたいです。日本のクラブは浦和レッズが強いという印象をアジア、特に中東には持たせたいですね。今の浦和の強さならACLでも勝ち抜けるはずです。埼玉県民でよかった、浦和レッズを応援してきて良かった!と思えた瞬間でもあります。2006年12月2日という日は浦和レッズにとっても今後、非常に大事な日になる事でしょう。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://kmfdmdfmk.blog81.fc2.com/tb.php/355-90bc26cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
最新記事
最新コメント
プロフィール

Author■monster

KMFDM KEIN MITLEID!!33 YEARS OF THE HEAVY BEAT!!世界最強のアンダーグランド・Industrial/Electronic body music BAND“KMFDM”の日本ファンブログです。海外でのKMFDM遠征ライブレポ多数載せてあります。Japanese of the big fan of KMFDM!!KMFDM JAPAN Blog has been managed." ’ζ_,`" with Andy,Sascha. 11.08.2017 Berlin
with Sascha,Lucia,Annabella 10.08.2012 Berlin
with Sascha,30.10.2011 Hasselt
with Lucia,Andy,Sascha. 26.10.2011 Paris
with Sascha,Lucia,Annabella. 25.10.2011 Russelsheim
with Sascha,Lucia. 28.06.2010 Hamburg
with Sascha,Andy. 17.06.2010 Russelsheim
with Lucia,03.10.2009 Chicago
with Lucia,Andy,Sascha. 10.06.2009 Vienna
with Sascha,09.06.2009 Russelsheim
with KMFDM. 01.06.2009 Leipzig

リンク
.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。