スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ドイツ旅行記】Alec Empire@Bochum total 06.07.2008

FI2621144_1E.jpg
UEBERMUTTERが終わったら、どっとステージ前から人がいなくなったので、その隙をついて最前列の柵の所まで自分は行きました(笑)と言う事はAlec Empireを最前列で観る事が出来る!とテンションが上がっていた矢先に、Alec自ら、機材を運んでステージに現れました(笑)日本公演じゃありえない事ですね(笑)出演陣・ミュージシャン自らが機材をステージに運ぶなんて(笑)そう考えると本当に日本ってミュージシャン・出演陣が擁護されているというかなんというか(笑)海外じゃ、相当売れてるバンドでなければツアーもシャワーが付いてる様な大きなバスで移動していますからね。KMFDMクラスでさえ欧州内をバス移動していましたし、ロシアツアーもモスクワ⇒ペテルブルグ間は民間人と同じ夜行列車乗ってましたからね。




FI2621144_2E.jpgAlecに続き、Nic Endoキタ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(゚∀゚)゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*!!!!!テンション激上がりしました(笑)おおおっ!!ニックさん!!と(笑)隣にいたドイツ人と『ニックー!!』と叫びましたが、こちらをチラっと見ましたがシカトされました(笑)ニック遠藤さんらしくクールで最高です!これで手とか振られたら逆にニックのイメージが崩れてしまいます(笑)名前からも分かる様に、この女性は日系人です。日系人というか日本とドイツのハーフです。と言っても国籍はドイツですし日本語は喋れずドイツ語と英語だけですが。母親が日本人で日本の実家は静岡みたいです(笑)この人がAlecもそうですしATARI TEENAGE RIOTの心臓でもあるサウンドのコントーラーです。顔のペイントもそうですし素晴らしくクールな素敵な女性です。
FI2621144_3E.jpgAlec、Nic Endo自ら、サウンドチェックやマイクチェックなどをして、いったん袖に下がり、オンタイムにステージに現れライブがスタートしました。Alec Empireに関しては語ると長くなりますが、まずはそもそも自分が超絶に好きなバンドというかユニットというか集団のATARI TEENAGE RIOTのボーカルであるわけですが、ATARI TEENAGE RIOT自体は今は活動休止状態です。事実上、解散したようなもんですが(泣)それもメンバーのカールが死去してしまい、それ以来、ATARI TEENAGE RIOTは活動が出来ません。あれから、もう8年近く経ちますね…ATARI TEENAGE RIOTとして最後に日本に来日したのは1999年です。夏にフジロックに出演し、その年の秋には赤坂ブリッツで単独公演やりましたね。もちろん自分も観に行ってましたし暴れまくってました(笑)
FI2621144_4E.jpgあれ以来、Alec Empireは完全にソロとして活動をすることになり、ATARI TEENAGE RIOTのメンバーでもあったNic Endoもメンバーに加えましたね。ソロとしてフジロック2001にも来ましたし、2001年のフジロックでは2日目のホワイトステージと3日目のグリーンステージと2回出演してくれましたね(笑)懐かしすぎます!!さらに、翌年の2002年2月には単独で赤坂ブリッツ公演も行いましたね。それ以降、Alecがリリースしてきた楽曲が今までの激しいノイズサウンドでなくロックンロールをやってきたり、ちょっと自分的には微妙に思えたりした時期もありましたね。その後、2005年にDJプレイで新木場Agehaでプレイしましたね。あとは昨年末に渋谷でDJとして来日しましたね。という事もありライブやってるAlec Empireを観たのは2002年2月以来という約6年振りでしたね。
FI2621144_5E.jpgAlec Empireの生まれ育ちは、まだ東西ドイツ時代で西ベルリンの生まれ育ちです。Nic Endoはドイツ人の父と日本人の母でフランクフルトで育ったみたいですが、両親が離婚し、それ以降、単身ベルリンに行き、ベルリンの壁付近でのアートや音楽をするようになり、そこでATARI TEENAGE RIOTの女鬼神・ハニンエライアスと出会い音楽をやることになりアレックと共にATARI TEENAGE RIOTを始めるわけですが、アレックはドイツ人。ハニンはシリア系でニックは日系、そして他界したカールは黒人という事で様々な人種、男女2人ずつによる、本当にベルリンらしい刺激的なバンドだったと思いますね。約6年振りに見たのがドイツの地…とにかく、この2人が元気そうだったのが何よりも嬉しかったですね(笑)
スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://kmfdmdfmk.blog81.fc2.com/tb.php/285-772fabb9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
最新記事
最新コメント
プロフィール

Author■monster

KMFDM KEIN MITLEID!!33 YEARS OF THE HEAVY BEAT!!世界最強のアンダーグランド・Industrial/Electronic body music BAND“KMFDM”の日本ファンブログです。海外でのKMFDM遠征ライブレポ多数載せてあります。Japanese of the big fan of KMFDM!!KMFDM JAPAN Blog has been managed." ’ζ_,`" with Andy,Sascha. 11.08.2017 Berlin
with Sascha,Lucia,Annabella 10.08.2012 Berlin
with Sascha,30.10.2011 Hasselt
with Lucia,Andy,Sascha. 26.10.2011 Paris
with Sascha,Lucia,Annabella. 25.10.2011 Russelsheim
with Sascha,Lucia. 28.06.2010 Hamburg
with Sascha,Andy. 17.06.2010 Russelsheim
with Lucia,03.10.2009 Chicago
with Lucia,Andy,Sascha. 10.06.2009 Vienna
with Sascha,09.06.2009 Russelsheim
with KMFDM. 01.06.2009 Leipzig

リンク
.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。