スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ドイツ旅行記】Blackfield Festival 2008@Gelsenkirchen

FI2621137_1E.jpg
【Blackfield Festival 2008】最終日Sonntag, 06.07.2008の一発目のバンド・Solitary Experiments始まりましたが、このバンドはダンサブルなインダストリアル・エレクトロですね。若干、ノイズやテクノと言った要素も強いので、踊れる感じです。メンバーは、それぞれBerlinとFrankfurt出身みたいです。この赤い衣装に黒のネクタイ姿というのが、このバンドの特徴だそうです。音だけでなく、しっかりとボーカルもあります。ボーカルの歌い方・スタイル的にはインダストリアルなボーカルスタイルですね。お客は、ほとんどが踊ってる感じでしたね。テクノやトランスとは、また違いますが、このサウンドで踊るのは心地よいです。ロック・メタルも良いですが、打ち込み系のエレクトロサウンドのインダストリアルを野外で爆音で聴くのは、かなり心地よいですし気持ち良かったですね。




FI2621137_2E.jpg3日目の1発目のバンドだけに、お客の入りはボチボチな感じでしたが(笑)まぁ3日間通しとかで参加してる人は、さすがに3日目の早い時間帯というのは疲労が溜まってると思いますね(笑)この【Blackfield Festival 2008】はNRW州の街からであればトリのバンドを最後まで観ても日帰りで行ける場所ではありますが、ドイツのNRW州以外の街から、このフェスに参加してる人様にもちゃんとキャンプサイトもありましたね。自分は昔、フジロックで通しキャンプをやった経験ありますが、色々と大変な思いもしたので、もう二度とキャンプは出来ませんね(笑)後方の石段の段差の所から撮影したステージとオーディエンスの雰囲気ですが、入りはまだまだですね。ステージの後ろに川が流れてるのは本当に素晴らしい環境です。
FI2621137_3E.jpgSolitary Experimentsが終わり機材転換の後は、SCHELMISHという、このBlackfield Festival 2008の会場のAmphitheater Gelsenkirchenと同じNRW州のボン出身のバンドですが、このバンドはSolitary Experimentsの様なダンサブルなインダストリアルバンドではなく、ロック・メタルテイストの強いインダストリアルバンドで、なかなかクールでしたね。わりと緩急つけた感じで激しい曲とミディアムテンポの聞かせる曲とが巧く融合されていましたね。激しい曲は良く言えばStatic x系です。ただ全般的に感じたのは民族楽器なども取り入れ面白いサウンドを放ってましたね。だいぶドライブ感ある楽曲でしたし、良く表現すればDisturbed的な匂いも感じはしましたね。
FI2621137_4E.jpgこのタイプの音であると、ドイツ国内ではSubway to Sallyが超絶な人気ではありますが、Schelmishも良いものは持ってると思いますね。打ち込みの機械だけのエレクトロサウンドだけでなく、やはり生バンドというか生音が入ると曲に厚みも出ますしグルーヴ感も出ます。ライブのパフォーマンスとしても、なかなか良いものありましたね。このタイプのドイツのバンドは、ほとんどが歌詞がドイツ語という事もありますので、やはりドイツ国内がマーケットみたいなので、なかなか日本では知る機会がないですね。というか情報が入ってきません(笑)でもドイツ独自なバンドという感じで素晴らしいと思いますね。物凄く暑かったですが、ステージの付近は屋根というか張っていましたので前のエリアにいると日陰になるので涼しかったですね。
FI2621137_5E.jpgタイムテーブルはこんな感じでした。この【Blackfield Festival 2008】の会場のAmphitheater Gelsenkirchenはオーロラヴィジョンなどがないので、自分で把握してないとなりません(笑)小規模とは言いませんが、中規模のフェスだとそうなりますね。やはり大規模フェスのオーロラヴィジョンに『Next UP..●●●』みたいな感じで次のバンドのコールというかされていると、テンションもあがりますが。既に書いてますが本来ならこの【Blackfield Festival 2008】2日目のメンツの方が魅力あるバンドが多かったんですが、その中でも3日目の最初のお目当てのバンドは『REAPER』というインダストリアル・ノイズユニットです。REAPERは前で見たかったので転換中から前方で待ってました。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://kmfdmdfmk.blog81.fc2.com/tb.php/277-c6b99a19
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
最新記事
最新コメント
プロフィール

Author■monster

KMFDM KEIN MITLEID!!33 YEARS OF THE HEAVY BEAT!!世界最強のアンダーグランド・Industrial/Electronic body music BAND“KMFDM”の日本ファンブログです。海外でのKMFDM遠征ライブレポ多数載せてあります。Japanese of the big fan of KMFDM!!KMFDM JAPAN Blog has been managed." ’ζ_,`" with Andy,Sascha. 11.08.2017 Berlin
with Sascha,Lucia,Annabella 10.08.2012 Berlin
with Sascha,30.10.2011 Hasselt
with Lucia,Andy,Sascha. 26.10.2011 Paris
with Sascha,Lucia,Annabella. 25.10.2011 Russelsheim
with Sascha,Lucia. 28.06.2010 Hamburg
with Sascha,Andy. 17.06.2010 Russelsheim
with Lucia,03.10.2009 Chicago
with Lucia,Andy,Sascha. 10.06.2009 Vienna
with Sascha,09.06.2009 Russelsheim
with KMFDM. 01.06.2009 Leipzig

リンク
.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。