スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ドイツ旅行記】Blackfield Festival 2008@Gelsenkirchen

FI2621135_1E.jpg
Amphitheater Gelsenkirchenの敷地内に入ると、まずは駐車場です(笑)この光景からしても、いやぁ~フェスティバルだなぁ~って感じましたね。自分も2004年までは日本のフジロックフェスティバルに車で行き3日間とか参加したりしてましたけどね。出演バンドに魅力がないので2004年以来行かないだけで魅力あるバンドが抜擢されればフジロックにはまた行きたいとは思いますがね。ほとんどのお客が3日間の通し参加、または土曜・日曜の2日間参加みたいで、ほとんどが腕に、このBlackfield Festival 2008のリストバンドをしていましたね。当初、このBlackfield Festival 2008は7/5、7/6の2日間だけの開催になってましたが、あとから追加で7/4も入りましたね。4日はスタートが夕方からでしたが。7/5、7/6は12時からスタートでした。




FI2621135_2E.jpgさすがに、このBlackfield Festival 2008とかのマニアックなフェスティバルになると、アジア人はまず見かけませんね(笑)と言うか出演バンドもドイツのバンドが多いのでお客も、ほとんどがドイツ人しかいませんでしたね。ただ、このフェスティバルなんかは日本人でも行きたい人は結構いると思いますけどね。2日目にはNitzer Ebbなんかも出ていましたし。好きな人には相当好きなメンツが揃ってるフェスティバルだと思いますね。要はダークエレクトロです。自分も好きな音ではありますし。この日も素晴らしい程に快晴で暑すぎましたね。この7月4日~7月6日はドイツ各地で様々なフェスティバルが行われていましたが、何処のフェスも天気に恵まれ最高だったでしょうね。
FI2621135_3E.jpg参考までに、このBlackfield Festival 2008出演バンドでも掲載しておきます。
Lacrimosa, Assemblage 23, Blutengel, The Crüxshadows, Subway to Sally, Nitzer Ebb, Schandmaul, Icon of Coil, Colony 5, Northern Lite, Iris, Samsas Traum, Spetsnaz, Stromkern, Heimataerde, Reaper, [:SITD:], Solitary Experiments, Diorama, Dreadful Shadows, Pink Turns Blue, Schelmish, Catastrophe Ballet, Solar Fake, HeimatErde and Modcom
このタイプの音を聴いていない人には、全く分からないバンドばかりだと思います(笑)メタルやハードコアとは、また違ったサウンドのバンド・ユニットだけに、相当マニアックかつ偏りすぎてるメンツです。
FI2621135_4E.jpg自分は3日目の最終日の1日券でしたので、入場ゲートに行き、チケットをリストバンドに交換してもらいました。この辺りはアメリカのバンドも出演していますし、問題なく英語でいけます。オーディエンスもマニアックなゴス大集結でしたね(笑)前日のCastle Rock Festivalでも十分に感じていましが、Castle Rock Festivalよりも遥かに濃かったですね(笑)しかも場所が場所だけに、飲食店の出店の店員以外は全てゴスでした。このGelsenkirchenの街は、Gelsenkirchenに住んでる人口の半分近くがドイツ人以外が締めていて、そのほとんどがトルコ移民なんですが、やはりトルコ系は、こういった音楽は興味ないんでしょうね。全くBlackfield Festival内ではトルコ系は見かけませんでしたね。
FI2621135_5E.jpgゲートを潜ると、Castle Rock Festivalの時と同様に、ゴシックなものの雑貨・グッズ、CD・レコードなどのショップがめちゃめちゃ出ていましたね。ここにはゴスな洋服なり靴なり、かなり充実していましたね。ゴスファッション好きな人には最高だと思いますね。ドイツの本場のゴスを体感したいなら、間違いなくこのフェスには来るべきでしょうね。CDに関しても、かなりマニアックなCDが多かったので自分も購入してしまいました。このタイプのダークエレクトロ・インダストリアルな音は、なかなか日本には入荷してきませんし…以前までは西新宿にGOLDという素晴らしい輸入盤屋がありましたが、閉店してしまい通販専門になってしまいましたからね。そういう事もありダークエレクトロ・インダストリアルなCDは、世界中のもの何でも手に入る東京でも入手が難しくなってきました・・・
スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://kmfdmdfmk.blog81.fc2.com/tb.php/275-ea826ef4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
最新記事
最新コメント
プロフィール

Author■monster

KMFDM KEIN MITLEID!!33 YEARS OF THE HEAVY BEAT!!世界最強のアンダーグランド・Industrial/Electronic body music BAND“KMFDM”の日本ファンブログです。海外でのKMFDM遠征ライブレポ多数載せてあります。Japanese of the big fan of KMFDM!!KMFDM JAPAN Blog has been managed." ’ζ_,`" with Andy,Sascha. 11.08.2017 Berlin
with Sascha,Lucia,Annabella 10.08.2012 Berlin
with Sascha,30.10.2011 Hasselt
with Lucia,Andy,Sascha. 26.10.2011 Paris
with Sascha,Lucia,Annabella. 25.10.2011 Russelsheim
with Sascha,Lucia. 28.06.2010 Hamburg
with Sascha,Andy. 17.06.2010 Russelsheim
with Lucia,03.10.2009 Chicago
with Lucia,Andy,Sascha. 10.06.2009 Vienna
with Sascha,09.06.2009 Russelsheim
with KMFDM. 01.06.2009 Leipzig

リンク
.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。