スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ドイツ旅行記】Crematory、Unheilig、Atrocity@Castle Rock

FI2621133_1E.jpg
Jesus On Extasyが終わった頃は、もう凄い人で溢れかえってましたね。天気も最高によくビールも激巧で、これぞ野外フェスティバル!!という感じで。Jesus On Extasyが素晴らしかった事もあり、この【Castle Rock Festival 2008】かなり気に入ってましたね。この場にいれる喜びというかフェスの素晴らしさ・メタル・音楽の素晴らしさを、痛感しましたね。ビールとヴォルストを購入して少ししたら、Crematoryキタ━(゚∀゚)━!!!!!イカツイ!!!(笑)登場するやいなや、いきなりこのブタがドス効かせた怒号でグオォォォォォーと叫びましたね(笑)オーディエンスも待ってました!とばかりに前方に増えましたし、時間も17時半過ぎで、良い時間になっていましたからね。このデスボイスと伸びやかな歌声のツインは心地よいです。




FI2621133_2E.jpgCrematoryは、ここまでのCastle Rock Festival出演バンドの流れを一気に断ち切るかの様な激しさできましたね(笑)ここまでの出演バンドはロック・オルタナティブ・ゴシックという感じで特別、激しいというわけではなかったですし、このCrematoryの出番によりオーディエンスのボルテージもあがりましたね。と言ってもドイツのメタルバンドですから、直球型の激しいだけの一辺倒なバンドではなく、シンフォニックさも若干、垣間見る事が出来ますね。個人的にはRevolution、Greed、the fallenと言ったあたりの曲は好みですね。この豚ボーカルはデス声ですがギターリストもボーカルをとりますのでギターの歌声は伸びやかでアメリカのCREED系オルタナティブの声にも通じますし野外フェスにはフィットしますね。
FI2621133_3E.jpgCrematoryが終盤に近づくと、さすがに自分は開場からずっといただけに暑さもあり疲れてきましたので、少し後方で休んでました(笑)Crematoryの後にはUnheilig、そしてトリのAtrocityとありましたからね。この時期のドイツは陽が沈むのが遅いので、時間帯は夜になっていても明るいです。ただ陽が徐々に沈んでくる頃のフェスの雰囲気とかは本当に素晴らしいものがありますね。昔からフェスのその感覚が好きだったりします。その頃に素晴らしい音が聴ければ、なおさら最高でしょうね。このフェスでビール何杯飲んだか分からない状態になってましたね。合間にソフトドリンクも飲んではいますが。こんな感じで客も増えています。やはりこの古城の中という雰囲気が素晴らしいものがありますね。
FI2621133_4E.jpgCrematoryの後は、オーディエンスの多くが待っていたと思われるUnheiligキタ━(゚∀゚)━!!!!!このバンドは本当に典型的なゴシックロックだと思いますね。しかも神秘的なゴシックだと思います。メタルでもインダストリアルでもなく【ゴシックロック】ですね。ピアノでのメロディアスな曲もありますし、ダークで怪しくて不気味で・・・このタイプの音は本当にドイツのバンドならではだと思いますね。ただ、このバンドも歌詞が全てドイツ語ではありますが。Freiheitという曲なんかは本当に怪しくて不気味でゴスでインダストリアルでダークエレクトロで独特だと思いますね。自分的には、かなり好みの音です。ドイツのゴスバンドは、どことなく懐かしさもあったりしますね。ワールド的な人気にはなっていませんがドイツ独自のサウンド・ジャンルだと思いますね。
FI2621133_5E.jpgそして21時前後から今年の【Castle Rock Festival 2008】のトリでもあるAtrocityの登場キタ━(゚∀゚)━!!!!!このバンドは自分の大好きなノルウェーのバンド・Leaves eyesのAlexander Krullが別プロジェクトでやってるバンドです。現に、The Sun Always Shines on TVでLivがゲストボーカルとして参加しています。ショウとしてもエンターテイメント的な雰囲気もありましたね(笑)さすがトリという感じで貫録的なショウでしたし、この【Castle Rock Festival 2008】に来てよかった!と強く感じましたね。Atrocityも素晴らしかったですが、自分はやはりLeaves eyesをもう1度見たいですね。それにしても、この【Castle Rock Festival 2008】素晴らしいフェスです。チャンスがあれば来年も行きたいですね!!
スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://kmfdmdfmk.blog81.fc2.com/tb.php/273-a769a840
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
最新記事
最新コメント
プロフィール

Author■monster

KMFDM KEIN MITLEID!!33 YEARS OF THE HEAVY BEAT!!世界最強のアンダーグランド・Industrial/Electronic body music BAND“KMFDM”の日本ファンブログです。海外でのKMFDM遠征ライブレポ多数載せてあります。Japanese of the big fan of KMFDM!!KMFDM JAPAN Blog has been managed." ’ζ_,`" with Andy,Sascha. 11.08.2017 Berlin
with Sascha,Lucia,Annabella 10.08.2012 Berlin
with Sascha,30.10.2011 Hasselt
with Lucia,Andy,Sascha. 26.10.2011 Paris
with Sascha,Lucia,Annabella. 25.10.2011 Russelsheim
with Sascha,Lucia. 28.06.2010 Hamburg
with Sascha,Andy. 17.06.2010 Russelsheim
with Lucia,03.10.2009 Chicago
with Lucia,Andy,Sascha. 10.06.2009 Vienna
with Sascha,09.06.2009 Russelsheim
with KMFDM. 01.06.2009 Leipzig

リンク
.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。