スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ドイツ旅行記】Rozencrantz@Castle Rock 05.07.2008

FI2621128_1E.jpg
【Castle Rock Festival 2008】のトップバッターのRozencrantzの出番の時間が近づいてきたので前の方まで行きました。1発目という事もあり、まだお客の入りは少なかったですが。こう見ても本当に真っ黒です(笑)全員、黒の服(笑)素敵過ぎますね!1発目のバンド「Rozencrantz」ですが、このバンドはこの【Castle Rock Festival 2008】の出演をきっかけに初めて知ったバンドです。CDは持ってません。myspaceやyoutubeで音源やどんなバンドなのかは調べておきましたが、Osnabrück出身のバンドです。ここまでドイツに何度も行ってライブ見てますが、結局ドイツの地ではありますが見てるバンドはアメリカやイギリスや北欧のバンドが多くドイツのバンドは余り観ていなかっただけに興味ありましたね。





FI2621128_2E.jpgRozencrantzの始まりが近づくと徐々にお客が増えていきましたね。日本のLOUDPARKでも感じますが、よりドイツで感じたのは、こういったゴス・ロック・メタルに年配の方でも多く足を運んでいるというのが本当に熱いです。特にこの【Castle Rock Festival】では、年配であってもゴスなファッションをして、子持ちの方もいましたが子供もゴスなファッションからメイクをして肩車して見てたゴス親子とかもいましたし、本当に素晴らしい光景です。結構、若い頃はハードなロックは聞いたけど、今はもう聞かないよ。なんて言う人も結構、いたりしますが、年齢が増すにつれ興味ある音が変わっていくのは必然的にあるとは思いますが、やはり根本的な好きな音というのは若い頃から変わっていない!というのは本当に熱いですし、自分もそうなりたいですね
FI2621128_3E.jpg【Castle Rock Festival 2008】の一発目のバンド・Rozencrantzキタ━━━ヽ(*`∀´)ノ━━━!!物凄く快晴の素晴らしいフェスティバル日和の中、1曲目から疾走感あるへヴィナンバーのForsakenからスタートしました。myspaceで曲は聴いていましたので、なんとなく把握はしていました。このバンドは、かなりセンス良いです。CDで聞くよりも明らかにライブの方が迫力ありますし激しいですし、演奏もパンチあります。Vocals, GuitarのSkyeはセンス良いと思いますね。喉も強かったですし、ドイツのバンドではありますが、アメリカンなテイストとゴス・グラムロックの要素が巧く融合されていて、面白いバンドでしたね。Vocals, GuitarのSkyeのルックスからしてもマンソンっぽさもありますが、楽曲や歌声も若干、マンソンに通じる部分ありますね。マンソンのミディアムテンポのグラムロック調な曲ですね。
FI2621128_4E.jpgフェスティバルの醍醐味でもあるのが、知らなかったバンドを知れるという部分もありますが、なかなか単独だと観に行けない行かないバンドをフェスティバルだと観る知る事が出来るというが素晴らしい利点でもありますね。バンドにとってもフェスティバルに出演するという事は自身のバンドを、より多くの人に知ってもらえるチャンスでもありますし、そのフェスを通じて知って、のちに単独公演にも足を運ぶというお客も多いわけですからね。それから、この【Castle Rock Festival】の主催者の抜擢というか選出も素晴らしいですね。Rozencrantzを1発目のバンドに抜擢したというのも、フェスを盛り上げる為にも最適だと思います。Skin on Skinという曲が、オルタナティブとグラムロックの雰囲気が巧く融合されていて好みな曲でしたね。メロディも良かったですし、野外にめちゃめちゃフィットしてました。
FI2621128_5E.jpgPVにもなっている、おそらくRozencrantzを代表する曲でもあるSweet Desireという曲は、Myspaceでも特に印象に残りましたが、お客からも認知されているみたいで、Sweet Desireの時は、やはり盛り上がってましたね。自分は途中で余りに暑かったのとビール切れになったので後方に行きましたが(笑)Rozencrantzがライブをやってる所を後方から撮った写真ですが、まだまだお客の入りは一発目という事もあり少なかったですが、この雰囲気は最高です。古城の敷地内似ステージを設営してフェスティバルを行うなんて本当にやる事がクールです。さらに来てるオーディエンスも本当に音楽が好きな人が来ていますからね。日本の様に、勘違いした何しに来てるのか分からない様なうっとうしい客とかいませんからね(爆)
スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://kmfdmdfmk.blog81.fc2.com/tb.php/268-99805bfc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
最新記事
最新コメント
プロフィール

Author■monster

KMFDM KEIN MITLEID!!33 YEARS OF THE HEAVY BEAT!!世界最強のアンダーグランド・Industrial/Electronic body music BAND“KMFDM”の日本ファンブログです。海外でのKMFDM遠征ライブレポ多数載せてあります。Japanese of the big fan of KMFDM!!KMFDM JAPAN Blog has been managed." ’ζ_,`" with Andy,Sascha. 11.08.2017 Berlin
with Sascha,Lucia,Annabella 10.08.2012 Berlin
with Sascha,30.10.2011 Hasselt
with Lucia,Andy,Sascha. 26.10.2011 Paris
with Sascha,Lucia,Annabella. 25.10.2011 Russelsheim
with Sascha,Lucia. 28.06.2010 Hamburg
with Sascha,Andy. 17.06.2010 Russelsheim
with Lucia,03.10.2009 Chicago
with Lucia,Andy,Sascha. 10.06.2009 Vienna
with Sascha,09.06.2009 Russelsheim
with KMFDM. 01.06.2009 Leipzig

リンク
.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。