【オランダ旅行記】Goldfrapp Live@Westerpark 03.07.2008①

FI2621116_1E.jpgこの様な感じでヴィジョンに【GOLDFRAPP】とアップされた時は本当にテンションあがりましたね(笑)FRF03以降、ここまでの5年間、何度もGoldfrappを見たいと重い渡航も考えていましたがタイミングが合わず…それでいてイギリス国内での人気は凄まじいものがありますのでチケットが即完状態ですのでイギリス国内で観るのは非常に厳しいという事で他の欧州でのショウを狙ってましたが、大規模なフェスですと、なかなか行きにくい部分もありましたが、このアムスでのショウはこれ以上にない最高のタイミングでしたね。ここまでの5年間の思いがメンバーが登場した瞬間に一気に思い出しましたし、Alisonが出てきた時には涙するくらいの感動になりました(笑)



FI2621116_2E.jpg1曲目は何からプレイするのか?色々とライブ前から予想をしていましたが5年前のフジロック03では1曲目はデビューアルバムの3曲目に収録されている『Human』からでしたが、今回のアムステルダムでは何からか!?やはり新譜からくるのか!?と思っていましたが、なんとギターのアルペジオから入りPaper Bagキタ━━━ヽ(*`∀´)ノ━━━!!とてつもない!!(笑)「No time to fuck~♪But you like the rush♪」Alisonの歌声キタ━━━ヽ(゚∀゚)ノ━ヽ(゚∀゚)ノ━━━!!!!涙ものでした。1曲目にPaper Bagとは全く予想していませんでしたし、これまでアルバム4枚リリースされてますし新譜リリース直後でもショウの1曲目にデビューアルバムから選曲するなんて、素晴らし過ぎます!!
FI2621116_3E.jpgGoldfrappと言うのはバンド名ではありますがボーカルのAlisonの名前がAlison Goldfrappと言う名で本来のメンバーはAlisonとベース兼バイオリンのWill Gregoryの2人です。ライブとなると専属のサポートメンバーが入り6人編成でのショウになりますね。Alison、本当に素敵です。まぁ年齢的には42歳ですが、年齢を全く感じさせませんし純粋な英国美人だと思います。Paper Bagの後には、なんと早くもA&Eキタ━━━ヽ(*`∀´)ノ━━━!!もう感動を超えてしまいましたね(笑)新譜リリース前にいち早く、解禁になった曲がこのシングルにもなったA&Eだったわけで、A&Eを聞いた時にGldfrappが戻ってきた!と強く思いましたし、今回の新譜のツアーこそは渡航してでも観に行く!と決めた程の自分的には名曲です。
FI2621116_4E.jpg早くも2曲目に、A&EをもってくるなんてAlison、素晴らしいですよ。いやぁ~本当に素晴らしい歌声でした。個人的に女性ボーカルは多く聞きますが、その中でもAlisonの歌声は自分好みの歌声ですし自分の好きな女性ボーカルの中でも3本の指に入りますね。そして3曲目にはYou Never Knowをプレイしてくれましたね。言われてみればGoldfrappがFRF03で来日してくれた時は2ndのBlack Cherryリリース直後でしたが、それ以降の5年間の間に、このYou Never Knowが収録されているSupernatureがリリースされそして新譜のSeventh Tree がリリースされているわけですから、Supernatureの楽曲は1度も生で聴いた事がなかったわけです。写真は上手く合間合間に撮ってましたが、とにかくステージにかじり付き状態でした(笑) そして4曲目には新譜からMonster Loveをプレイしてくれました。この曲も自分は物凄く好きな曲でAlisonの歌の巧さが全面に押し出た本当に素晴らしい曲で、Alison特有の低音と高音の使い分けの歌声が、なんとも言えず本当に素晴らしいです。この楽曲はキーボードの女性メンバーのコーラスも入りますので、さらに楽曲に幅が生まれますし、このキーボードの女性の声が、Alisonのコーラスに非常にフィットします。曲の途中に入り込むストリングス・バイオリンの音が、かなり素晴らしいです。Alisonはボーカリストとしての経験は、かなりのものがありますが、それにしても凄まじい表現力です。やっぱイギリス人は凄いです。
FI2621116_5E.jpg
そして4曲目には新譜からMonster Loveをプレイしてくれました。この曲も自分は物凄く好きな曲でAlisonの歌の巧さが全面に押し出た本当に素晴らしい曲で、Alison特有の低音と高音の使い分けの歌声が、なんとも言えず本当に素晴らしいです。この楽曲はキーボードの女性メンバーのコーラスも入りますので、さらに楽曲に幅が生まれますし、このキーボードの女性の声が、Alisonのコーラスに非常にフィットします。曲の途中に入り込むストリングス・バイオリンの音が、かなり素晴らしいです。Alisonはボーカリストとしての経験は、かなりのものがありますが、それにしても凄まじい表現力です。やっぱイギリス人は凄いです。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://kmfdmdfmk.blog81.fc2.com/tb.php/256-393918e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
最新記事
最新コメント
プロフィール

Author■monster

KMFDM KEIN MITLEID!!33 YEARS OF THE HEAVY BEAT!!世界最強のアンダーグランド・Industrial/Electronic body music BAND“KMFDM”の日本ファンブログです。海外でのKMFDM遠征ライブレポ多数載せてあります。Japanese of the big fan of KMFDM!!KMFDM JAPAN Blog has been managed." ’ζ_,`" with Andy,Sascha. 11.08.2017 Berlin
with Sascha,Lucia,Annabella 10.08.2012 Berlin
with Sascha,30.10.2011 Hasselt
with Lucia,Andy,Sascha. 26.10.2011 Paris
with Sascha,Lucia,Annabella. 25.10.2011 Russelsheim
with Sascha,Lucia. 28.06.2010 Hamburg
with Sascha,Andy. 17.06.2010 Russelsheim
with Lucia,03.10.2009 Chicago
with Lucia,Andy,Sascha. 10.06.2009 Vienna
with Sascha,09.06.2009 Russelsheim
with KMFDM. 01.06.2009 Leipzig

リンク
.