スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ベルギー旅行記】グランプラス&小便小僧-Manneken Pis-

FI2621109_1E.jpgこの時も、暑くてあちこち動き回れる余裕がありませんでした(笑)前日のミュンヘンでのMinistryのショウの疲れが響いています(笑)さらに翌日には朝の電車でベルギーからオランダに移動と言う事で、なかなかな過密日程でしたね、そんな中でもこのブリュッセルのグランプラス周辺の街並み・雰囲気は本当に素晴らしかったので、こんな感じの通りを歩いているだけでも、かなり癒されるというか落ち着けますね。ここまで様々な欧州の街を見てきてしまった部分もあるので、昔の様な物凄い感動と言うのは、だいぶ最近は薄れてきていますが(笑)それでもブリュッセルのグランプラス周辺の街並みは素晴らしかったですね!これが初めての海外がブリュッセルとかなら、また大きく感動も違ったと思いますが。



FI2621109_2E.jpg今までベルギーに足が伸びなかったのは音楽的な理由もありますね(笑)ベルギー出身のテクノ・エレクトロ系のアーティストは、そこそこクールなユニットがいますが、最近だとミニマルテクノとかいたりしますし、ブリュッセルにある【Brussels Fuse】と言うクラブはヨーロッパの中でも有名な箱であったりしますが、ロックやメタルバンドではなかなか好みなバンドがいないというのが最大の理由でもあり、ベルギー・フランス・イタリア・スペインに足が伸びないという理由があります。メタルはやはりドイツやスウェーデン・フィンランド・ノルウェーになります。ノルウェーはかなり興味ありますが、場所的にも物価的にも行きにくくなってますね(笑)そんな中、ブリュッセルでロック・メタルなショウを行うなら【ABConcerts】という箱がありますね、この日はCounting Crowsが予定に入ってました。
FI2621109_3E.jpg色々と細かく、このLa Grand-Place de Bruxelles周辺を散歩しました。途中にManneken Pisこと小便小僧がありました(笑)こちらも日本のテレビで見たりしていましたが、この小便小僧自体に見ごたえがあるわけではないですが、せっかくブリュッセルに来たのであれば!と言う事で(笑)
とりあえず、このManneken Pisこと小便小僧の解説を(笑)
1619年にフラマン人彫刻家ジェローム・デュケノワにより製作された。現在設置されている像は模造品であり、元の像は1960年代に紛失した。世界的な知名度に比してこの像が小さい(身長56cm)ことから、「世界三大がっかり」の一つと呼ばれている。[要出典]近くに屈んで放尿する小便少女の像もある。
FI2621109_4E.jpg由来は諸説ある。一つは、ブラバント公ゴドフロワ2世に関する説。1142年、当時2歳のゴドフロワ2世率いる軍は、グリムベルゲンでの戦いの際、戦場の兵士を鼓舞するため、ゆりかごに幼い支配者を入れて木に吊るした。 そこから公は敵軍に向かって小便をし、味方軍を勝利に導いたという。一つは、侵略者が城壁を爆破しようとしかけた爆弾の導火線を小便をかけて消し、町を救った少年がいたという武勇伝説。この少年の名はジュリアンJuliaanskeといい、小便小僧の愛称「ジュリアン坊や」はここに由来するといわれている。様々な機会に、衣装が贈られることが慣習となっている。数百にも上る持ち衣装の大部分は、グラン=プラスのブリュッセル市立博物館(王の家)に所蔵されている。
FI2621109_5E.jpg<世界三大がっかり>と言うのが笑えますね(笑)シンガポールのマーライオン、コペンハーゲンの人魚、ブリュッセルの小便小僧・・・コペンハーゲンの人魚は2006年にデンマークに行った時に見ましたが、まぁリアクションは特に取れませんでしたね。シンガポールは行った事ないので分かりませんが知人で行った事ある奴曰く、そんな事を言ってましたね。<世界三大がっかり>の2つを既に見れたというのは、ある種貴重かも知れません(笑)デンマークもベルギーも今後、余程、何か目的がない事には再訪はしないと思いますし(笑)コペンハーゲンはクリスチャニアと言った面白いエリアがありましたがね。あとはスカンジナビア航空は最高に素晴らしいので利用はありえますね。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://kmfdmdfmk.blog81.fc2.com/tb.php/249-6d55ff08
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
最新記事
最新コメント
プロフィール

Author■monster

KMFDM KEIN MITLEID!!33 YEARS OF THE HEAVY BEAT!!世界最強のアンダーグランド・Industrial/Electronic body music BAND“KMFDM”の日本ファンブログです。海外でのKMFDM遠征ライブレポ多数載せてあります。Japanese of the big fan of KMFDM!!KMFDM JAPAN Blog has been managed." ’ζ_,`" with Andy,Sascha. 11.08.2017 Berlin
with Sascha,Lucia,Annabella 10.08.2012 Berlin
with Sascha,30.10.2011 Hasselt
with Lucia,Andy,Sascha. 26.10.2011 Paris
with Sascha,Lucia,Annabella. 25.10.2011 Russelsheim
with Sascha,Lucia. 28.06.2010 Hamburg
with Sascha,Andy. 17.06.2010 Russelsheim
with Lucia,03.10.2009 Chicago
with Lucia,Andy,Sascha. 10.06.2009 Vienna
with Sascha,09.06.2009 Russelsheim
with KMFDM. 01.06.2009 Leipzig

リンク
.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。