スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ドイツ旅行記】生観戦!!【Dortmund× Frankfurt】日本人選手2人の共存!!

FI2620981_1E.jpg後半に入ると前半とは大きく変わってDortmundが、かなり攻勢に入りましたね。まず、Tingaに決定的なシーンがありましたが、Frankfurtのキーパー・Pröllがナイスセーブを繰り返していましたね。明らかに前半とは違いましたね。その後もさらにTingaに決定的なシーンがありましたが決めきれず(笑)攻撃の軸はPetricとKringeですね。Kringeもボール扱い非常に巧いですし。このPetricとKringeは良い選手です。ただ決めきれなかったですね(苦笑)決めきれないDortmundとは逆に1発のカウンターでFrankfurtがAmanatidisの頭で55分に先制します。Frankfurtとしては、してやったりだったでしょう(笑)Frankfurtのサポーターもかなり騒いでましたし(笑)先制されたDortmundは62分にBuckley、67分にFedericoを投入し反撃に出ましたね。




FI2620981_2E.jpgFrankfurtは逃げ切ろうとしたのかAmanatidisが足を痛めたのか、Amanatidisに代え、まずMahdavikiaを入れました。これによりTakaharaの1トップになりましたね。その3分後に、ついにInamotoが入りました。完全に守備固めだとは思いますが。Inamotoは、ここまで守備面においてはFrankfurtで結果を出していますし、監督からの信頼も得ています。これでついに目的だった、ピッチ上での日本人選手2人・Takahara,Inamotoの共存が見れたわけです。非常に日本人の自分としても嬉しかったですね。写真は稲ちゃんが交代しピッチに入ってくる瞬間ですね(笑)Inamoto、イングランド⇒トルコ⇒ドイツと非常に頑張っていると思います。このFrankfurtでミドルシュートなど得点もあげていけば、より評価は上がると思いますね。
FI2620981_3E.jpgMahdavikiaとInamotoを投入し守りを固め逃げ切りを図ったFrankfurtでしたが、そう簡単にはいかずでした(笑)1トップになったTakaharaにはボールは、なかなか回って来ないですし、来てもフォローがいないので、キープするだけと言う非常に厳しいものがありましたが、要所要所では非常に良いプレーをTakaharaは見せていたと思います。テレビでは分からない動き・プレーというのがスタジアムで観戦すると分かりますからね。Dortmundが攻撃を仕掛けていた時間が続いたのでInamotoの守備とか、結構、近場で見れました(笑)Inamotoの潰しは非常に良いと思います。アタリ負けしないですからね。あとは本当にInamotoの良さ、守備から攻撃に向かう所の良さが全面に出てくると良いんですがね。
FI2620981_4E.jpgそうこうしてるうちに後半35分にサイドチェンジの浮き球を落とした所をペトリッチが左足でシュート、DFにあたりコースが変わりFrankfurtのキーパー・Pröllが辛うじて左足にあて防ぎますが、コボレ玉をKringeが押し込んで1-1に(笑)ゴールとして認められましたが、Frankfurtの選手は一斉に審判に駆け寄り抗議していましたが、確かにVTRで見るとファウルを取られてもおかしくないシーンではありますが、微妙なジャッヂです(笑)まぁBorussia Dortmundのホームですからね!(笑)これにより、守りに入っていたFrankfurtは最悪なパターンになってしまいましたね。Amanatidisも下がっていましたし、攻撃にならず、逆に1-1に追いついた事で、Dortmundサポーターも大騒ぎ状態で押せ押せムードで完全にDortmundのペースで、どんどん仕掛けてきましたね。
FI2620981_5E.jpgもう時間もない中でしたが、1-1になってからが、この試合が最も面白かったかも知れません。ただ、ここで逆転ゴールを奪えなかったのがDortmundです。ここで取れるか取れないかだと思いますね。Inamotoは71分からの途中出場でしたが、守備面においては、しっかりとこなしていたと思いますね。結局、両チームとの得点が奪えず1-1で試合終了してしまいました。夜にライブがあったので終了のホイッスルと同時に自分はスタジアムから早足で出てしまいましたが(笑)非常に、この素晴らしきスタジアム、素晴らしきサポーター、そして日本人の自分としては高原直泰、稲本潤一の共存を見れたと言うのは本当に素晴らしい経験になりました。やはり欧州での現地生観戦は病み付きになりますね!!
スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://kmfdmdfmk.blog81.fc2.com/tb.php/224-145fc0e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
最新記事
最新コメント
プロフィール

Author■monster

KMFDM KEIN MITLEID!!33 YEARS OF THE HEAVY BEAT!!世界最強のアンダーグランド・Industrial/Electronic body music BAND“KMFDM”の日本ファンブログです。海外でのKMFDM遠征ライブレポ多数載せてあります。Japanese of the big fan of KMFDM!!KMFDM JAPAN Blog has been managed." ’ζ_,`" with Andy,Sascha. 11.08.2017 Berlin
with Sascha,Lucia,Annabella 10.08.2012 Berlin
with Sascha,30.10.2011 Hasselt
with Lucia,Andy,Sascha. 26.10.2011 Paris
with Sascha,Lucia,Annabella. 25.10.2011 Russelsheim
with Sascha,Lucia. 28.06.2010 Hamburg
with Sascha,Andy. 17.06.2010 Russelsheim
with Lucia,03.10.2009 Chicago
with Lucia,Andy,Sascha. 10.06.2009 Vienna
with Sascha,09.06.2009 Russelsheim
with KMFDM. 01.06.2009 Leipzig

リンク
.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。