【ドイツ旅行記】ユネスコの世界遺産、ケルン大聖堂②(*^ー^)

FI1676534_0E.jpg
ケルンの解説を掲載しましたが、本当に素晴らしい大聖堂で、ドイツ滞在中に、もちろんハイデルベルグ等の綺麗な街並みでの感動もありました、この大聖堂の迫力の感動はかなりのものがありましたケルンに来て良かったと痛感した瞬間でもありましたねケルン大聖堂の写真は半端なくあるので掲載しますが(笑)とりあえず、ケルン大聖堂の中に入ってみます率直にスゲェ~とだけでしたねこういう素晴らしい大聖堂等に関しては語る必要はないかと思います俺個人はケルンという土地に初めて来て初めてこのケルン大聖堂を見たわけでケルンに関しての歴史やケルン大聖堂に関しての歴史に関して詳しくはないですが、ただたんに純粋に凄いと感動したと言えます




FI1676534_1E.jpg
ただ感動というだけの俺なのでちょっと詳しく、このケルン大聖堂に関して知りたいと思うので、またまた解説を掲載してしまいます

ケルン大聖堂は、300年の空白によって、かえって中世のゴシック様式を忠実に再現することになりました。その間に起こった聖堂改築の嵐を避けることができたからです。では、ゴシックとはいったいどのような様式なのでしょうか。

俺も聞いた事はある、このゴシック建築という言葉俺は建築家でもなんでもないですが欧州の建物にはもの凄く興味がありますただ、詳しい事は分かりません(笑)欧州の建物に関しての詳しいことを知りたいと思います
FI1676534_2E.jpg
ゴシック建築の3要素と言われるのが、1 尖頭アーチ、2 リブ・ヴォールト、3 飛び梁(フライング・バットレス)です。尖頭アーチは、従来の半円アーチと比べ、視線を上へと導く効果があります「ヴォールト」とは、アーチの原理を利用して作られた石造やれんが造りの屋根、天井のことを言いますが、内輪に突出した棒状のリブを持つものをリブ・ヴォールトと呼びますヴォールトによって生じる水平力を支えるため、身廊の外壁から、外側に設けられた控え壁に斜めに架け渡されたアーチをフライング・バットレスと言いますつまり、「突っかえ棒」のようにして身廊が外に傾こうとする力を支えるのがフライング・バットレスの役割なのですこの飛び梁のおかげで、窓を広く取り、ステンドグラスをはめ込むことが可能となったのでした。 パリ大聖堂(ノートル・ダム)の東側の内陣を支えるために周囲に張り巡らされたフライング・バットレスは、まるでロケットのような景観を与えています
FI1676534_3E.jpg
■ゴシック建築の高さ競争

建築技術の進歩は、一方で、ゴシック建築に高さへの挑戦をもたらしました下の表は、ゴシック誕生の地といわれるフランスのイル・ド・フランス地方 (パリを中心とした半径100kmほどの地域)におけるゴシック大聖堂の高さ(身廊の高さ)を比較したものですが、約100年の間に、ほぼ2倍の高さになっていることがわかりますボーヴェー大聖堂の48mという天井の高さは、当時としては驚異的な高さでした。しかし、この大聖堂は、完成からわずか12年で天井が落下してしまいますこのあたりが石造建築の限界とも言えるでしょうか
FI1676534_4E.jpg
サンス大聖堂 1140年頃~ 24m
ラン大聖堂 1160年頃~ 24m
パリ大聖堂(ノートル・ダム) 1163年~ 32m
シャルトル大聖堂 1194年~ 34m
ランス大聖堂 1211年~ 38m
アミアン大聖堂 1220年~ 42m
ボーヴェー大聖堂 1247年~ 48m と言う、ケルン大聖堂に関する、ゴシック様式の解説に関しての文章ですが、別に俺は建築家でもないですが、こういったケルン大聖堂とかをきっかけに、こういう建築に関しての興味というか魅力も色々と知れた気がしています基本的には、ただ漠然と凄いな~としか思いませんが(笑)ドイツは広いので国内全部を見回るには金銭面と時間面がかなり必要となりますが、このケルンの街は非常に魅力的な街でもありますね。オランダまたはベルギーとドイツの旅をする際には、このケルンには是非、寄るべき街ですね~オランダ、ベルギーにも行きたいです
スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://kmfdmdfmk.blog81.fc2.com/tb.php/19-07713337
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
最新記事
最新コメント
プロフィール

Author■monster

KMFDM KEIN MITLEID!!33 YEARS OF THE HEAVY BEAT!!世界最強のアンダーグランド・Industrial/Electronic body music BAND“KMFDM”の日本ファンブログです。海外でのKMFDM遠征ライブレポ多数載せてあります。Japanese of the big fan of KMFDM!!KMFDM JAPAN Blog has been managed." ’ζ_,`" with Andy,Sascha. 11.08.2017 Berlin
with Sascha,Lucia,Annabella 10.08.2012 Berlin
with Sascha,30.10.2011 Hasselt
with Lucia,Andy,Sascha. 26.10.2011 Paris
with Sascha,Lucia,Annabella. 25.10.2011 Russelsheim
with Sascha,Lucia. 28.06.2010 Hamburg
with Sascha,Andy. 17.06.2010 Russelsheim
with Lucia,03.10.2009 Chicago
with Lucia,Andy,Sascha. 10.06.2009 Vienna
with Sascha,09.06.2009 Russelsheim
with KMFDM. 01.06.2009 Leipzig

リンク
.