スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【オランダ旅行記】海外,欧州-8ヶ国目-!!オランダ首都・アムステルダムへヽ(゚∀゚)ノ

FI2620842_1E.jpgハンブルグで2泊、ブレーメンで2泊、ケルンで2泊、そしてエッセンで1泊というドイツ滞在旅行の日程を終え、ドイツの後は以前から非常に行きたかった、オランダの首都・アムステルダム行きでした。前日のKosheenのライブの素晴らしさからホテルに戻っても飲んだりしてたので起きるのが大変でしたが(笑)何とか起きてEssenからOberhausenまで電車で向かいました。エッセンからアムステルダムには直接行けませんので、Oberhausen HauptbahnfohことOberhausen中央駅まで行き、Oberhausen中央駅からAmsterdam中央までICEで向かいます。Oberhausenという街がどんな街なのかも興味ありましたので少し早めにOberhausen駅に行きましたが、特に何も見てません(笑)スーツケース転がしながらはツライです(笑)写真がOberhausen中央駅ですね。




FI2620842_2E.jpgOberhausenはドイツと言っても、オランダ国境に非常に近いですし、Oberhausen中央駅からAmsterdam中央駅までは約2時間です。オランダ国境までは40分程度だと思います。ICEの2等車の片道で確か38Eurくらいだったと思います。このICEはフランクフルトからアムステルダムまでを繋いでる列車で途中にケルンにも停車していますね。Oberhausenから乗る人はほとんどいませんでしたが(笑)このOberhausenもオランダ国境に近いという事もあり非常に暑くて天候良すぎでした。今回の旅行では天気には本当に恵まれましたね。ハンブルグで朝、雨はありましたが基本的には全日、晴天でしたからね。ドイツで素晴らしい滞在を過ごし、以前から行きたかったので行けずになっていたオランダ・Amsterdam行きは非常に楽しみでテンション上がりながら列車に乗りました(笑)
FI2620842_3E.jpg列車に乗っていても結局、何処がドイツとオランダの国境だったのか分からないくらいだったんですが(笑)なんとなくアナウンスを聞いていて、国境の駅辺りは分かりました。特にパスポートチェックもない感じで。ただ同じEUでも、やはり東欧諸国に入る時はパスポートチェックがありますね。少なくとも自分が2005年にドイツ⇒チェコ⇒オーストリア⇒スロバキアに行った際はパスポートチェックありましたからね。ドイツとベネルクス三国は、まずないと思います。途中、列車がユトレヒトなんかにも停車し、ついに念願のアムステルダムへ!!アムステルダム中央駅内は人が多かったですし駅外の人多かったですね。日本の東京駅が外観を真似したというアムステルダム中央駅です。
FI2620842_4E.jpgアムステルダムでの宿は中央駅から徒歩8分というホテルを手配したんですが、建物が密集してるのと、似た感じの建物が多すぎて、何処のホテルか訳分からなくなりました(笑)IBISとかPARK INNとの系列のホテルなら看板や建物で分かりますが。とりあえずホテルの場所が分からないので近くにいたオランダ人に地図を見せて場所を聞いたら、かなり親切に教えてくれましたね、しかも去り際に『アリガトウ!!モシモシ!!』とか言ってきやがりました(笑)『モシモシ…』外国人で知ってる人は知ってる様です(笑)確かに電話出る時、日本人は『ハローとかコンニチワ!』でなく『モシモシ』ですからね(笑)教えてもらった道の通りに言っても見つからず別のオランダ人に道を聞いたら、そのオランダ人も、かなり親切に教えてくれました。到着時からオランダ人、好印象でしたね。
FI2620842_5E.jpgやっとの事で発見したアムステルダムで手配したホテル『Hotel citadel』です。正直、値段は高いです。アムステルダムは中央駅周辺はホテルの値段高いです。中央駅周辺でも、要はダム広場方面・飾り窓地帯のホテルなら、まだ安いみたいですが、それか中央駅から離れてAmstel駅や空港の方のホテルならば、まだ値段は安めみたいですが自分が手配した『Hotel citadel』周辺のエリアのホテルは何処も高いですが、このホテルは本当、アムステルダムの街並みに溶け込んだ感じで、いわゆるホテル!!という感じよりも家に近い感じしますね。アムステルダムは高層ビルを建ててはならない!という決まりが市であるらしいので高層の50階立てのホテルとかは、まずないですからね。この『Hotel citadel』は、部屋は狭いですが、雰囲気がクールで素晴らしかったです。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://kmfdmdfmk.blog81.fc2.com/tb.php/153-6cfca8cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
最新記事
最新コメント
プロフィール

Author■monster

KMFDM KEIN MITLEID!!33 YEARS OF THE HEAVY BEAT!!世界最強のアンダーグランド・Industrial/Electronic body music BAND“KMFDM”の日本ファンブログです。海外でのKMFDM遠征ライブレポ多数載せてあります。Japanese of the big fan of KMFDM!!KMFDM JAPAN Blog has been managed." ’ζ_,`" with Andy,Sascha. 11.08.2017 Berlin
with Sascha,Lucia,Annabella 10.08.2012 Berlin
with Sascha,30.10.2011 Hasselt
with Lucia,Andy,Sascha. 26.10.2011 Paris
with Sascha,Lucia,Annabella. 25.10.2011 Russelsheim
with Sascha,Lucia. 28.06.2010 Hamburg
with Sascha,Andy. 17.06.2010 Russelsheim
with Lucia,03.10.2009 Chicago
with Lucia,Andy,Sascha. 10.06.2009 Vienna
with Sascha,09.06.2009 Russelsheim
with KMFDM. 01.06.2009 Leipzig

リンク
.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。